PGAの松山選手紹介ページより

写真拡大

 マスターズを7位で終えた松山英樹(24)。最終日スタート時は優勝を狙える位置にいただけに、本人もファンの失望も大きかったが、2年連続トップ10入りは日本人初。世界ランキングも13位となっている。すでに国内ツアーは松山の眼中にはないようだ。
 
「松山は、国内では自身のスポンサーが主催する2大会のみに出場予定で、日本ゴルフツアーへのメンバー登録もしなかった。メンバーには年間5試合の出場義務が課され、それを果たせなければ100万円の罰金となるからです。国内大会に時間をとられているヒマはないという意思表示なのでしょう」(ゴルフ誌記者)

 そんな松山だが、ゴルフ関係者の間で「日本にひとつだけ心残りがあるのでは」と囁かれているのが、「交際相手では」と噂されている女性の存在だ。

 それは女子プロゴルファーの佐藤絵美(24)。東北福祉大学時代の同級生で、松山が男子の主将だった当時に女子の主将を務めていた。2014年のプロ転向後は「美人ゴルファー」として話題になり、今年1月には「グアム知事杯女子ゴルフ」で初優勝している。

 2人の交際説については東北福祉大ゴルフ部の阿部靖彦監督が「違います!」と否定しているが(本誌2013年7月5日号)、同級生としての親しい関係は続いている。初優勝を受けて佐藤にインタビューした夕刊フジ(3月30日付)はこう報じている。

〈優勝してすぐに男子プロの松山英樹から《優勝おめでとう》のLINEメッセージ。思わず《早っ》と叫んでしまった〉

「我が道を行くタイプで人付き合いは悪いほう」(前出のゴルフ誌記者)と評される松山だが、佐藤に限っては“気になる存在”であることを窺わせるエピソードだ。

 佐藤の所属する狭山ゴルフクラブにも尋ねたが、「ゴルフ漬けの毎日。(交際は)ないと思いますよ」と答えるだけだった。

 松山はリオ五輪の正式種目となったゴルフに日本代表として出場する見込みで、その場合はメディカルチェックのために一時帰国する。そこで2人が再会して旧交を温め、“同級生以上”の関係に──なんてことがあるかも。

※週刊ポスト2016年4月29日号