17日、中国メディアの観察者網は、香港ディズニーランドが来場者数の減少を受けて従業員のリストラを行うと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。写真はディズニーランド。

写真拡大

2016年4月17日、中国メディアの観察者網は、香港メディアの報道を引用し、香港ディズニーランドが来場者数の減少を受けて従業員のリストラを行うと伝えた。

香港では中国本土からの旅行客が減少しており、香港ディズニーランドも来場者が減少しているという。このため、警備員やレストラン、ホテル、人事などの管理職でリストラを実施するという。具体的な人数は明らかになっていないが、100人以下の規模だという。最新のデータによれば、香港ディズニーランドは昨年、1億4800万香港ドル(約20億円)の赤字だった。

このニュースに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。

「上海が香港を超えるのは時間の問題」
「香港に行きたいけど、差別されるのが嫌だから北京に行くよ」

「香港に対しては嫌いというだけではなく反感がある」
「中国人が持つ香港に対する悪いイメージは10年くらいでは消えないと思う」

「望み通り静かな香港になるんだからいいじゃないか」
「これは始まりに過ぎない。香港はこの先、静かな漁村へと戻るだろう」

「上海にディズニーランドがあるんだから香港に行く必要性がない」
「香港ディズニーランドは香港人が楽しめばいいよ。並ばなくていいからうれしいだろ」(翻訳・編集/山中)