地震で車中泊をしていた10人がエコノミークラス症候群に 3人が重体

  • 一連の地震で車中泊を余儀なくされた10人がエコノミークラス症候群を発症
  • うち3人が意識不明の重体となっていることがわかった
  • 専門家は「健康面を考えると、車での生活はいいとはいえない」と指摘する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング