もっとおしゃれにグリーンを。時間も忘れるガーデンセンター

写真拡大 (全6枚)

昨年のオープン以来、大阪で話題の西日本最大級のガーデンセンターが関東にもやってきました。3月、千葉・稲毛にオープンした「The Farm UNIVERSAL」は"全ての人が楽しめる植物の楽園"をコンセプトとしたガーデンセンターです。

敷地面積約3,500平方メートルという広大な空間に「買う、遊ぶ、学ぶ、撮る、食べる」の5つの要素がちりばめられています。
イメージがふくらむ充実の品ぞろえ

季節の花々やグリーンをはじめ庭木、観葉植物、サボテン、めずらしい多肉植物などあらゆる植物がそろうのはもちろん、ガーデンツールや本などグリーンがあるライフスタイル全般を提案してくれる充実の品ぞろえ。ガーデニングファンが気にならないわけありません。

各売り場は、「かんようしょくぶつのもり」「おはなのもり」「くらしのもり」とネーミング。まるで植物園にいるような気分でゆっくりとお気に入りの植物を観賞したり、探すことができます。グリーンの配置のセンスもすばらしく、おうちのインテリアやベランダづくりの参考にしたいアイディアがいっぱいなのもうれしいポイント。
「おにわのそうだんしつ」では、ベランダや部屋に飾るグリーンの育て方や庭のつくり方を気軽に相談できるので、気になった植物があったらまずは相談してみても。プロの意見を聞きながら、自分のイメージがふくらみそうです。
時間を忘れて楽しめる

歩き疲れたら「THE FARMER'S KITCHEN」へ。かわいらしいグリーンを眺めながら店内や木陰の席でお茶や食事を楽しむことができます。

メニューにはヘルシーで身体にやさしい食事やドリンクがそろいますが、一番の注目は農家から直送された無農薬の有機野菜がいっぱいはいった「ファーマーズサラダ」。食べたら味の違いがわかるはず! とスタッフの方が自信を持っておすすめしてくれました。
敷地内のいたるところには、思わず写真を撮りたくなるようなステキな演出がちりばめられているので、スマホ撮影はもちろん、カメラを持っていっても楽しいはず。水場やトンネルといった遊び場がいっぱいのキッズガーデンもあるので、大人も子どももついつい時間が経つのも忘れていつまでも楽しく過ごせてしまいそうなガーデンセンターです。
これからいよいよガーデニング本番の季節。千葉方面へ出かけた際には忘れずに立ち寄りたいお店です。
[The Farm UNIVERSAL]