華奢な女性らしさ増す、指先スタイリング

写真拡大

仕事をしていると「女性らしさ」よりも、自分の意見を持っていることの方が重要なことがあります。

それでもやっぱり、女性らしさは忘れずにいたいと思ってしまう。それなら、あからさまなフェミニンスタイルに身を包まずとも、手元でさりげなく女性らしさを表現してみよう。

素敵な指先スタイリング、ご紹介します。

細ゴールド×ビックパールの法則

A photo posted by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

指を美しく見せてくれる細めのゴールドリング。いつもはお気に入りを1.2個つけているだけではないですか? 思い切って並べてつけてみるだけで、個性的な魅力を発揮できます。こんなスクエアフォルムのものなら、より新鮮。

細ゴールドが上品なので、決してやりすぎ感がでないのがうれしい。ポイントにビックパールをスタイリングしてもマッチします。

ダイヤモンドをモノトーンで重ねづけ

女性なら誰もが憧れる石、ダイヤモンド。ダイヤといえばホワイトダイヤがおなじみですが、カラーダイヤモンドとの重ねづけで差をつけるワザもあり。

プロジェクトで成功した日の、自分へのご褒美に。普段頑張っている自分への誕生日プレゼントに。そんな節目に少し奮発して自分用に買ったダイヤをグラデーションして重ねづけしてみると、より意味をもつ。

天然石のパワーを借りたっていい

A photo posted by @acc__violett on

それぞれがパワフルな意味を持つ、天然石。そんな天然石のパワーに力を借りる日があってもいいですね。

重ねづけして、よりパワフルに。天然石でまとめれば統一感もでるので、ごちゃごちゃした印象にならずまとまります。

ゴツめのシルバーをまとう日も

ちょっとカジュアルに、トレンドを意識したい日に便利なのが、シルバーのゴツめのリング。

あえて同じ指に2つ重ねづけしたり、関節の途中のところにつける「ファランジリング」で注目を集めてスタイリングを楽しんで。

ファッションは嫌味なくシンプルでまとめる。そして、手元の演出で女性らしさや自分らしさを演出。それが、今ドキ仕事女子のスマートなスタイルなのかも。

top image via Shutterstock