パソコンやスマホが簡単に変換してくれるせいか、漢字に弱くなっている人が増えていませんか? 思わず口にしたら読み方が間違っていて、恥ずかしい思いをする社会人が多くいるかもしれません。

今回はビジネスシーンでよく出てくる熟語で、読み間違いをしやすいもの10個をご紹介します。勝手な思い込みで誤ったまま覚えてしまわないように、ここで正しい読み方をチェックしておきましょう。

■1:相殺

×あいさつ ○そうさい

損得がなくなったり、利点や欠点を帳消しにする意味の「相殺」はビジネスシーンでもよく使われるでしょう。

■2:逝去

×いきょ、ききょ、せきょ…… ○せいきょ

人が亡くなったときに敬って使う言葉ですが、誤って読んでしまっては台無しになってしまうのでご注意を。

■3:代替

×だいがえ ○だいたい

「こちらの代替案は……」「代替の商品は……」などとよく使われるので、しっかり覚えておきましょう。

■4:汎用

×ぼんよう ○はんよう

さまざまな方面で使われるという意味の言葉。書物の初めに、編集目的や使い方を箇条書きにした「凡例」は「はんれい」が正しい読み方。

■5:何卒

×なにそつ ○なにとぞ

「何卒宜しくお願い致します」は、口で言うよりもメールで使われることの方が多いため、勝手な読み方を覚えてしまいがちです。

■6:貼付

×はりつけ ○ちょうふ

はりつけるという意味の「貼付」は、そのまま「はりつけ」と読みたくなりますが、「ちょうふ」が正解。「てんぷ」と読む場合もありますが、あくまでも慣用読みです。

■7:割愛

×わりあい ○かつあい

省略するという意味で、「ここは割愛致します」などメールや会議などで頻繁に使われる言葉です。

■8:該当

×かくとう ○がいとう

企画書などのビジネス文書や書類などによく出てきます。

■9:遵守

×そんしゅ ○じゅんしゅ

規則や法律を守るという意味で、社内規則の文章などに出てくるでしょう。日常会話では使うシーンは少ないかもしれませんが、いざというときのためにしっかり覚えておいて。

■10:肉汁

×にくじる ○にくじゅう

最後はビジネスシーンで使われる言葉ではありませんが、間違いやすい言葉として肉汁をご紹介します。テレビ番組や雑誌などで、あえて「にくじる」と言うことがあるため、そのまま覚えてしまう人が多くいるかもしれませんが、正しくは「にくじゅう」です。

口に出さなくても、誤ったまま心の中で読んでいると、いざ口にするときに間違ってしまうものです。新入社員ならまだしも、ベテランになればなるほどそんな間違いは、恥ずかしい思いをするだけです。ぜひここで正しておきましょう。

【関連記事】

トマトに納豆&豆乳も!せっかくの栄養ぶち壊し「NGな食べ方」4つ