2頭の熊“中の人”疑惑深まる、背筋ピンとしながらスタスタ二足歩行。

写真拡大

クマは森の中で踊っていたり、二足歩行をしていたり、まるで“中の人”がいるようだ――と話題になることも。そうした“中の人”疑惑をさらに深めてしまいそうな動画「Standing Bears Entertain Tourists on Bus」(https://www.YouTube.com/watch?v=4aRdwYdSXd8)が話題を呼んでいる。

観光客を乗せたバス。窓の向こうにはまるで人間のように姿勢よく直立しているクマがいる。それも2頭。投げられる食べ物をうまく口でキャッチしており、バスが移動する際にはスタスタと二足歩行で歩いてついてくる。誰かがクマの着ぐるみを着ているのではないかと思わせる出来だ。

この動画は英紙テレグラフなどが取り上げると大きな反響を呼び、ネットでは「いつかクマがこの惑星の王になる日が来る」「これは着ぐるみを着た人に違いない。きっとクマよりもコストが安いんだ」「すばらしい。愛らしい」「チャックどこだ」「そのうちバスに入って運転もしてくれるようになる」といったコメントが寄せられているようだ。