18日、香港の税関当局はこのほど、象牙とみられる製品26キロを持ち込もうとした男を逮捕した。写真は象牙。

写真拡大

2016年4月18日、香港紙・明報によると、香港の税関当局は16日、象牙とみられる製品26キロを持ち込もうとした男を逮捕した。

男は西アフリカのコートジボワールから空路で香港に到着。荷物の中から小さなポケットが多数縫い付けられたベスト2枚が見つかり、それぞれのポケットに象牙製品らしき物が入れられていた。当局が押収した製品は26万香港ドル(約360万円)相当に上るとみられている。

香港当局が象牙密輸事件の摘発を発表するのは今年に入って3回目。昨年の12件と合わせると、押収した象牙、象牙製品の額は604万6000香港ドル(約8400万円)となる。(翻訳・編集/野谷)