世界唯一の「ニューロコンピューティング・カンパニー」のヴィジョン

写真拡大

ニューロン(神経)でできたコンピューターチップをあらゆるデヴァイスに搭載する──。Koniku Incは、そんな前代未聞の目標を掲げる世界唯一の「ニューロコンピューティング・カンパニー」だ。バイオの力が変えゆく未来のコンピューターの姿を、創業者に訊いた。

「世界唯一の「ニューロコンピューティング・カンパニー」のヴィジョン」の写真・リンク付きの記事はこちら
オシレノヤ・アガビ|OSHIRENOYA AGABI
Koniku Inc 創業者兼CEO。ナイジェリア・ラゴス大学で理論物理学を学んだのち、インペリアル・カレッジ・ロンドンでニューロサイエンス、バイオエンジニアリングのPhDを取得。15年以上にわたって、ロボティクスとバイオの境界領域で活動している。koniku.uk

──実際のニューロン(神経)をコンピューターチップに使う「ニューロコンピューティング」というアイデアは、どのように生まれたのでしょうか?

「知覚」や「認識」というものにずっと興味があったんだ。そして大学で脳について研究を行っていたときに顕微鏡でマウスの脳の中を見て、生物のシステムがなんてよくできているのかということを知った。バイオテクノロジーはぼくらの生活のために使うことができる、ぼくの場合で言えばニューロンを何かの役に立てることができるはずだというアイデアに思い至った。これはすごいポテンシャルをもったツールなんじゃないかとね。

そこで部品を寄せ集めてコンピューターをつくる代わりに、生物という、何千年とかけて進化を遂げてきた優れたマシンのシステムを利用できないかと考えた。言わば生物のシステムをリ・エンジニアリングするということだ。

ニューロンでつくったコンピューターチップを開発し、それをさまざまなデヴァイスに使う。そうしたアイデアの基に生まれたKoniku Inc(以下、コニク)は、ぼくが知りうる限り世界唯一の「ニューロコンピューティング・カンパニー」だ。600年前のグーテンベルクの活版印刷技術により情報は紙を介して爆発的に広がり、60年前にはさらに情報処理能力の高い媒体としてシリコンが登場した。そしてこれからは、ニューロンがより優れた情報処理媒体としての役割を果たすようになると考えている。ぼくらは“ウェットウェア(神経でつくるコンピューターシステム)のインテル”のような存在になりたいと思っているよ。

──多くのテック企業が人工知能やスーパーコンピューターの分野に参入していますが、ニューロコンピューティングはこれまでの技術と何が異なるのでしょうか?

例えばグーグルやIBMは、ものすごい量のデータを人工知能に与えることで学習させている。でもぼくらのシステムは認知能力が非常に優れているため、生き物と同じようにその場その場でリアルタイムに状況に適応することができるんだ。

だから大量のデータによってトレーニングを行う必要もないし、大規模なサーヴァーファームをつくる必要もない。バッテリーで動く小さなスーパーコンピューターだと考えてくれればいい。性能という面でもエネルギー消費量という面でも優れたシステムなんだ。

koniku

──ニューロコンピューティングが実現したときに、具体的にどんなことが可能になるのかを教えてください。

短期的な目標と長期的な目標がある。短期的には、まずはセキュリティー分野で使えるセンサリングアプリケーションをつくるつもりだ。

蜂というのは驚くべき嗅覚をもっているんだけど、その嗅覚の神経を利用することによって、例えば爆弾などの臭いを感知することができる小型デヴァイスをつくることができる。それをロボットやドローンに搭載することで、テロや犯罪を防ぐために活用したいと考えている。セキュリティー企業や航空会社とともに実用化に向けて開発を進めているところだ。

──長期的な目標は?

どこにいて、何が見えて、何が聞こえるか、といった環境を認識する力、すなわち「コンテキスト」を読み取る力をコンピューターに与えることがこれから重要になってくる。これこそが、ニューロコンピューティングにしかできないことだからね。長期的にはこの能力をクルマやロボティクス、工業や農業にも応用していきたいと考えている。

──ニューロコンピューティングという技術の倫理面についてはどう考えていますか?

もちろん倫理というのは常に考えなければいけない重要な問題だ。ただ、ぼくらはなにも人間の脳そのものをつくろうとしているわけじゃない。生き物の優れた認識能力をコンピューターに与える技術をつくろうとしているんだ。ニューロコンピューティングはそのためのツールだが、倫理というのは常にそうしたツールを「どう使うか」の問題だ。もちろん正しい用途にだけ使っていくつもりだよ。

_MG_8403

──コニクの現在の課題はなんでしょうか?

ニューロコンピューティングの価値を社会にどう伝えていくか、というのが課題だね。この技術によって何ができるようになり、人々の暮らしにどうプラスの影響を与えることができるのかということを、もっと多くの人々に理解してもらいたいと思っている。それからニューロコンピューティングの技術を使うデヴェロッパーのコミュニティーもつくっていかなければいけない。多くの人々がこの技術を使えるようにすることで、そこから多様なデヴァイスやアプリケーションが生まれてくれればいい。

──バイオは、いま最も話題となっているトピックのひとつだといわれています。「バイオの力」をどのようにとらえていますか?

「バイオロジーはテクノロジーである」ということに、もっと多くの人々が気づくようになるだろう。“Next Big Thing”は間違いなくバイオロジーであり、その力を使うためのツールはすでに生み出されているんだ。いまはまだバイオテック革命のはじまりにすぎないかもしれないけれど、ぼくらはその革命の一部に加われていることをうれしく思うよ。