シリコンヴァレーのアドヴァイザー、21世紀の「ムーンショット」を語る

写真拡大

自らアントレプレナーとしてウェアラブルデヴァイスの開発を行うほか、宇宙、フィンテック、エネルギー、ヘルスケアといったさまざまなジャンルのテック企業にアドヴァイザーとして携わるヨビー・ベンジャミン。テクノロジーの世界をさまざまな視点から眺めてきた彼は、テック企業にはいま、社会に果たさなければいけない責任があると言う。

「シリコンヴァレーのアドヴァイザー、21世紀の「ムーンショット」を語る」の写真・リンク付きの記事はこちら
YOBIE BENJAMIN|ヨビー・ベンジャミン
Kickstarterで150万ドルを集めたHMD搭載ヘッドフォンAvegant Glyphを開発したAvegant共同設立者。銀行向けの新たな決済サーヴィスを手がけるToken.ioのCTOのほか、衛星写真のAstroDigital.com、カンボジアの環境保全を行うCambrianInnovation.com、森林と野生動物を守るWildlifeWorks.com、ヘルスケアのOrphidiaといった数多くの企業・団体のアドヴァイザー、CEO、取締役を歴任している。

テクノロジーの発展が進むなか、テック企業はますます社会への影響力を強めている。社会のインフラとしての側面をもちつつある彼らは、未来のためにいかなる役割を果たすべきなのだろうか。

幼少期にフィリピンからの移民としてアメリカに渡り、アントレプレナー、アドヴァイザー、投資家として数多くの会社に関わってきたヨビー・ベンジャミンが語る、いま、テック企業が取り組むべき最大の挑戦とは。

──ヨビーさんは自らの会社のほかにも、数々の会社にアドヴァイザーとしてかかわっています。これほど多くの会社に携わるモチヴェーションはなんでしょうか?

わたし個人のストーリーとして語るべきものがあるとすれば、その中心には「人に手を差し伸べられた」という体験への感謝がある。フィリピンからアメリカにやってきたとき、わたしはとてもとても貧乏だったんだ。でも、周りの人々が与えてくれたチャンスによってわたしは起業家としてのキャリアを築くことができた。だからほかの人にも同じようにしてあげたいと感じた。このとてもシンプルな想いが、わたしの活動を支えているんだ。

──さまざまな肩書をもっていらっしゃいますが、ご自身では自らの肩書をなんと定義されていますか。

わたしには決して特別な能力があるわけではないが、金融やクルマ、ヘルスケア、エネルギーといったさまざまな業界にかかわってきた経験がある。そうした経験をもとに、若い起業家たちに会社をさらに強くするためのアドヴァイスをしている。

なかにはわたしのことを「リーダー」と呼ぶ人もいるが、本当は「いいチームプレーヤー」と呼ばれるほうが嬉しい。英語には「巨人の肩に乗っている」という表現があるが、まさに自分はほかの優秀な起業家たちの肩に乗って、彼らの強みをより生かすための手助けをしているだけだからね。それが次世代のリーダーや次世代のテクノロジーを生み出すことにつながってくれたら何よりだ。

──そのようにさまざまな企業・業界にかかわっているなかで、いま、テック企業が向き合わなければいけないことは何だとお考えでしょうか。

Google Xのアストロ・テラーは、人類の月面着陸になぞらえてテクノロジーによる壮大な挑戦のことを「ムーンショット」と呼んでいるが、いまわれわれが取り組むべきムーンショットは環境問題だ。そしてテック企業は、この惑星がかかえる大きな問題をどう解決しなければいけないのかということについて考えなければいけない。日本人もアメリカ人も、世界全体が一丸となってこの問題に向き合っていかなければいけないんだ。

テレビの質は進化して4Kになったが、この先8Kや16Kといったものが本当に必要だろうか? ビッグデータ、スーパーコンピューター、AI…。これだけ発達したテクノロジーを用いて行うべきことは何かということを、わたしは人々に伝えたいと考えている。

──環境問題という大きな問題を解決するためには何が必要でしょうか。

「テクノロジー」「人」「ビジネスモデル」が必要だ。この3つの連携が重要になってくる。

例えばわたしはいま、カンボジアの熱帯林とその生態系の破壊を防ぐための活動を行っているんだ。だってそれらの森が消えて、酸素がなくなってしまったら困るからね。そのために衛星追跡や接地センサーといったテクノロジーを活用して、野生動物の密輸業者や森林を破壊するグループの活動を防ごうとしている。

だが、テクノロジーですべてを解決出来るわけではない。どんな取り組みも人の力がなければできないからだ。だからわたしたちは、森林を守るのと同時にそこに住む人々を守らなければいけないと考えている。活動のために現地の人々を雇い、彼らの生活も同時に改善しようとしているんだ。そしてビジネスモデルがなければ、どんな活動も継続させることはできない。繰り返すようだが、テクノロジー、人、ビジネスモデルの3つがあって持続可能な取り組みを行うことができるんだ。

──現代のムーンショットのために、テック企業が乗り越えなければいけない課題はなんでしょうか?

テクノロジストが面しているいちばんのチャレンジは、コミュニケーションだと思う。テック企業はモノをつくるのは上手いが、決してコミュニケーションが上手だとは限らないからね。

いまテック企業に求められている最も重要な課題は、複雑で困難な問題を、全員にかかわる「シンプルな問い」として人々が理解しやすいものに変えることだ。彼らはテクノロジーによって人と人とを結びつけ、より円滑なコミュニケーションを促す役割を果たさなければならない。言うは易く行うは難しだが、わたしはそれができると信じているよ。

もちろんテック企業に限らず、われわれ一人ひとりが環境について話し合っていく必要がある。この地球はわれわれ唯一の「家」であり、代わりを見つけるという選択肢はないんだ。

_MG_8546