決定打!ママ友と縁を切ろうと決意したひと言4選!

写真拡大

ママ友との付き合いは、普通の友だちと違って、我慢の連続。「合わないな…」と感じていても、なかなかすぐには切り捨てられないものです。しかし、我慢し続けても、いつかは爆発してしまいますよね。ママ友と縁を切ろうと決意した、ママ友から言われたひと言を紹介します。

●お金にルーズなママ友の発言!

「金の切れ目が縁の切れ目」とは言いますが、ママ友同士のお金の話はタブーなようです。ママ友たちが集まって、ランチやお茶会。よくある光景ですが、楽しい雰囲気をぶち壊すママ友が…。

「お金貸して!」という発言は絶対NG。急きょ決まったことなら仕方ないことかもしれませんが、基本的には前もって知っているハズ。それに合わせて、財布の中身も確認しておくのがマナーです。また、高額すぎる場合も注意が必要ですが、少額でも油断はできません。数百円程度だと、返すのを忘れてしまうこともあります。金額にかかわらず、お金はお金。それが原因でママ友が離れてしまうこともあるのです。

●子どもの人数や性別にうるさいママ友

「男の子(女の子)のママじゃなくてよかった!」「一人っ子は大変ね…」など、自分の子どもとママ友の子どもの性別や人数が違う場合の発言も要注意! また、こういうママ友は、すぐに他人と比べたがる傾向が。これらの発言を、差別的に捉えるママが多いようで、何度も同じような発言をされるうちに、「もう付き合いをやめよう」と決意するママは多いのだとか。

●非常識なママ友は注意!

一般的にあまりよく思われないことを、平気でやったり、言ったり。こんなママ友とは、早く縁を切りたいと思うママは多く見られます。「給食費は払わなくてもいいのよ」という発言や「下ネタが多い」ママ友、なかには「パート先から備品を持って帰っている」という話を自慢げに話すというママ友まで…。ある程度の常識をわきまえたママ友でないと、ついていけないと感じるママは少なくないようです。

●自分が一番?なママ友

「別に子どもが大事ではない」という発言。残念ながら、こんな発言をするママがいるのも事実…。これは、冗談でも言ってはいけない言葉ですよね。この言葉を聞いたら一発アウト! というママの声もチラホラ…。これは、縁を切られても当然かもしれません。

また発言ではありませんが、子どもをほったらかしてケータイをいじっていたり、メイク直しに夢中になっていたり。子どもよりも、自分を優先するママも嫌われがちなようです。

ママ友との付き合いをやめる、嫌いになるのにも、理由があります。しかし、これは誰にでも当てはまることですよね。明日は我が身。自分の発言が、ママ友にどう受け止められているかを知るのは難しいですが、もしかしたら、距離を置かれる原因を作ってしまっているかもしれませんよ。

(文・明日陽樹/考務店)