松屋銀座 和菓子売り場が全面リニューアル - 発酵食品をアクセントにした「五穀屋」など新オープン

写真拡大

松屋銀座 和菓子売り場が全面リニューアル。2016年4月27日(水)より、順次オープンする。

[ この記事の画像をもっと見る ]

日本文化が見直されている昨今、体に優しいお菓子として和菓子人気も再燃している。今回のリニューアルで松屋銀座らしい、高い品質が保たれた個性的なブランドラインナップが用意されている。

4月27日(水)に新しくオープンするのは、“うなぎパイ”の春華堂が53年ぶりに立ち上げた新ブランド「五穀屋(ごこくや)」。からだに美味しい和の知恵菓子をコンセプトに、「発酵さしすせそ羊羹 五季(いつき)」など、味噌や醤油などの発酵食品をアクセントにした和菓子を展開している。

また、「塩瀬総本家」や「清月堂本店」、「宗家 源吉兆庵」はリニューアルオープン。6月下旬には、これらに加え京都・三条に本店を構える老舗和菓子屋「寛永堂」や東京・上野、表参道に店舗のある「風土菓 桃林堂」などが新たに登場する予定だ。和菓子の魅力を、松屋銀座の和菓子売り場で再発見してみてはいかがだろう。

【概要】
松屋銀座 和菓子売り場 全面リニューアル
リニューアルオープン日:2016年4月27日(水)
ニューオープン:
■4月27日(水)
「五穀屋(ごこくや)」
■6月下旬予定
「寛永堂」「風土菓 桃林堂」
リニューアルオープン:
■4月27日(水)
「塩瀬総本家」「清月堂本店」「銀座鈴屋」「足立音衛門」「黒船」「茂助だんご」
■4月29日(祝・金)
「宗家 源吉兆庵」「叶 匠壽庵」
■6月下旬予定
「桂新堂」「銀座あけぼの」「豆源」「がんこ職人」「松煎餅」「まめや金澤萬久」