写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は18日、「オーリス」にハイブリッドグレードを新設定するとともに、1.2リットルターボエンジン搭載車にスポーティ仕様「120T "RS Package"」を追加して発売した。これにより、トヨタは国内のハイブリッド車ラインアップを18車種に拡大している。

新設定された「オーリス HYBRID」「オーリス HYBRID "G Package"」は、1.8リットルエンジンのハイブリッドシステム(リダクション機構付「THS II」)を搭載。走行燃費30.4km/リットル(JC08モード走行燃費)を実現し、エコカー減税の対象とした。走りにおいては、エンジンとモーターの組み合わせにより、ダイレクトな加速性能と優れた静粛性を両立している。

「オーリス HYBRID "G Package"」の内装は白と黒を基調とし、シート表皮に本革とウルトラスエードを採用。メーターはハイブリッド専用の立体2眼コンビネーションメーター(ハイブリッドシステムインジケーター付)を採用している。「オーリス 120T "RS Package"」は、爽快な走りと低燃費を両立させた「120T」と、よりスポーティなデザインの「RS」を融合させ、ファッショナブルなスポーツハッチバックとしたモデル。「RS」専用意匠に17インチアルミホイールを標準装備している。

「オーリス」の価格は178万9,855円〜283万2,545円。今回設定された「オーリス HYBRID」は262万473円、「オーリス HYBRID "G Package"」は283万2,545円、「オーリス 120T "RS Package"」は259万37円となっている(価格はすべて税込)。

(木下健児)