澎湖国際海上花火フェスティバル=2015年

写真拡大

(澎湖 18日 中央社)観光産業の振興を目的に毎年実施されている「澎湖国際海上花火フェスティバル」が18日夜開幕する。6月23日まで複数回にわたって多種多様な花火が打ち上げられ、澎湖の夜を照らす。

今年のテーマは「飛び立つ澎湖、世界はもっと美しく」。イタリアや中国大陸、オーストリア、ロシアなどの団体なども参加し、会場を盛り上げる。

澎湖では連日雨が続き、観賞場所では水がたまるなどしていたが、関係機関の職員が週末を使って排水作業に尽力。澎湖県政府旅遊処では期間中にはさまざまなイベントを開催する予定とし、いつもと違った花火フェスティバルになると来訪を呼びかけている。

(編集:齊藤啓介)