ドイツ生まれの小さなフィギュア、プレイモービル。欧米ではレゴと並んで人気のこのおもちゃができるまでを、あるフォトグラファーが取材した。

SLIDE SHOW 「年間1億体が生まれる「プレイモービル工場」に行ってみた」の写真・リンク付きの記事はこちら
02

2/14人形の原料であるプラスチック顆粒。

03

3/14カラフルなプラスチック顆粒が色別に貯めてある巨大なタンク。

04

4/14特別な色が必要な時は、作業員が真っ白なプラスチック顆粒に色付けをする。缶には染料が入っている。

05

5/14何千もの人形の頭。まだ髪がない。

06

6/14射出成形機から出てきた人形の脚。写真は機械の真上から撮影したもの。

07

7/14工場内は射出成形機で埋め尽くされている。

08

8/14服などのパーツは、プリンターによって印刷される。

09

9/14「スイマー」シリーズ用の脚。このあと、左右の脚と水着が接合される。

10

10/14プリントエリア。

11

11/14完成したパーツ。

12

12/14包装は従業員による手作業で行われる。

13

13/14脚と腕のパーツが種類別に入ったグレーの容器が、廊下にずらりと並んでいる。

14

14/14出荷待ちの箱たち。

Prev Next

誰しも、自分の子ども時代が形成されたときのおもちゃを覚えているものだ。そして世界中の何百万人にとって、「プレイモービル」はそんなおもちゃだ。

プラスチック製のシンプルな人形で、背丈はたった3インチ(約7.6cm)。鼻すらついていないが、そのパッケージを開ければ中世のおとぎの国に迷い込み、開拓時代の西部を探検し、あるいは海賊と騎士の壮大な戦いを指揮することだってできる。

人形たちは、マルタにある工場からやって来る。そこは、年間1億体以上の人形が生産されている場所だ。工場の舞台裏にあなたを連れていくのはアラステア・フィリップ・ワイパー。彼は、この小さな手、脚、顔にどうやって命が吹き込まれるのか、魅力的にその謎を解き明かしていく。

「見慣れた人形の写真を撮ったり、それがつくられた場所を見たりしていると、そこには必ず何か面白いことが潜んでいるんだ」と、ワイパーは言う。

子ども時代のワイパーはレゴに夢中だったが、いま、彼の子どもは2人ともプレイモービルが大好きだ。9月に姉がいるマルタを訪れた彼は、子どもたちに、彼らが大好きなおもちゃがどこからやって来るのか見せてやることにした。それは、彼が熱中している工場や科学施設見学にのめりこむ、よい口実になった。「写真のことを考えるのはやめよう」。彼は言う。「ただその場所に立って、舞台裏の出来事を見るだけで、わくわくするんだ」

いまから約40年前、世界的な石油不足がプレイモービル開発のきっかけとなった。おもちゃの自動車と電話を製造していたドイツのBrandstätter Groupは、プラスチックをあまり使わない製品を必要としていたのだ。人形の生産は1974年にドイツで始まり、それから20年後、拠点はシチリアの真南にある地中海の島、マルタの質素な工場へと移った。今日までに、工場ではおよそ29億体の人形が生産された。

Playmobil-c-Alastair-Philip-Wiper-17-819x1024

肩の高さまである大きなプレイモービル。プレイモービル・ファンパークにて。

マルタ工場は、5カ所あるプレイモービル工場の1つで、人形の生産を行っている(ほかの工場では人形と一緒についてくるアクセサリーが製造されている)。ワイパーの恋人と子どもたちが「プレイモービル・ファンパーク」で遊んでいる間、ワイパーは50万平方フィート近くある工場を、ガイドと一緒に見て回る3時間のツアーに参加した。

毎週300万体の人形がつくられる工場の舞台裏

工場は24時間操業、従業員1050名で毎週300万体の人形を製造している。需要に追いつくのは大変だ。この企業によると、聖書と羽ペンを持ったマルティン・ルターの初回ロット34,000体は、72時間で売り切れになったという。

ワイパーは、生産工程の一部始終を撮影した。お気に入りは、彼が「タコ」と呼んでいる巨大なマシンだ。総延長29マイルにもなるチューブが、工場のフロア上を縫うように走っている。色鮮やかなプラスチック顆粒を貯蔵槽から吸い込み、射出成形機に貯めていく。

「美しくないとされているけれど美しいものを見つけるのが好きなんだ」と、ワイパーは言う。「実用的で、ただ目的を果たすために設計されたものだけれど、出来上がった姿は本当に素晴らしい」

射出成形機は1台あたり数トンの重さがあり、工場中に配置されている。顆粒を金型に入れ、摂氏300度でプレスする。加圧、減圧のたびに、機械はシューという独特な音を出す。

ボディー、腕、足、頭、髪のパーツには、それぞれ違う7つの金型がある。多色パーツは、2工程でプレスされるものもある。例えば頭の場合、まず内側の茶色のパーツが射出され、これが目と口になる。

服など、完全自動の印刷マシンや小型の半自動式マシンで印刷されるパーツもある。ピンク色のプリントヘッドは、1日225万個のパーツを印刷している。マシンのなかには、さまざまな部品を組み立てるものもある。そして最後は、作業者が手作業で人形を包装するのだ。

ワイパーは、すべての撮影を「Nikon D810」で行った。いつものように、三脚にカメラをセットし、ワイヤレスシャッターを使った。すぐに移動しなくてはいけなかったが、多くの写真を撮影した。「見学の時間は限られているし、工場はたいてい広大だ」と、彼は言う。「何が面白いか、何に時間を使ってよいショットを撮るか、何を無視する必要があるか、決めていかなくてはいけないんだ」

彼の写真は、子ども時代に遊んだおもちゃの裏側を、妙にユーモラスに見せてくれる。冷たい産業マシンの横に、見慣れた腕や足がバラバラになって置いてあるのを見るのは、確かに不快だ。しかし、それこそがワイパーを工場に惹きつけたものだ。

ワイパーは、普通の物と新しい方法で遭遇するという奇妙さを愛している。「プレイモービルはとても日常的なものだ」と、ワイパーは言う。「でもプレイモービルのこういう部分は、毎日見られるものではないんだよ」

[2016年4月22日:本文の一部を訂正しました。]