18日、熊本県で起きた地震では多くの人が犠牲となり、各方面から注目が集まっている。中国でも数多くのメッセージが寄せられている。写真は被災地。撮影:劉傑。

写真拡大

2016年4月18日、熊本県で起きた地震では多くの人が犠牲となり各方面から注目が集まっている。中国でも、外交部が犠牲者に哀悼の意を表し日本政府にお見舞いの言葉を送り、民間でも数多くのメッセージが寄せられている。

中国の作家・海菱(ハイ・リィン)氏は日本に対する自身の見解を語っている。「日本は尊敬に値する国である。日本人の高い素養や政治への低い関心、友好的で親切、礼儀正しく包容力があり向上心が高い。日本には中国人が学ぶべき優れた点が非常に多い。歴史にとらわれず今を見よう。日本は地震が多い国だが、地震の被害を最小限に抑えている。今回の熊本県の地震でもその実力を示している。頑張れくまモン」と熊本にエールを送っている。(翻訳・編集/内山)