セーラームーンすぎる「美少女戦士セーラームーン展」に行ってみた / 武内直子先生の描き下ろし原画にマジで感動の嵐…!

写真拡大

先日、「美少女戦士セーラームーン」初の展覧会が東京・六本木ヒルズで開催されるという話題をお伝えしました。

4月16日からスタートしたこの展覧会、セーラームーン世代のアラサー女子なら気にならないワケがない! と、いうワケで、実際に行ってみることにしました。その結果、アラサー女子ホイホイがいたるところに仕掛けられていて、いろんな意味で泣いた……。

【「美少女戦士セーラームーン展」に行ってみた!】

6月19日(日)まで、六本木ヒルズ展望台東京シティビュー内、スカイギャラリーにて開催されている「美少女戦士セーラームーン展」。

会場内は6つのエリアに分かれているのですが、いずれも見応えがあり、「ちょっと『セーラームーン展』でも行ってみるか!」みたいな、そんな安易な気持ちで踏み込んだらヤケドをしちゃいますヨ!

【Chapter0:エントランス】

会場内に入ると、まずムーンキャッスルをイメージした「エントランス」がお出迎え。

って、ええええええ(笑)。セーラー戦士のパネルとか、武内直子先生が同展のために描き下ろした原画タペストリーとか、いろんなセーラームーングッズに大興奮なんですけど!!! セーラームーンと一緒に写真を撮れるフォトスポットもあるぅ〜!!!

【Chapter1:セーラームーンクロニクル〜愛と戦いの系譜〜】

のっけからセーラームーンすぎて息切れしそうですが、お次はセーラームーンのストーリーを初めて年表でまとめたというコーナー。数々の名シーンをイラスト入りの年表で振り返ることができます。

【Chapter2:セーラームーンミニムービー】

続いて、「セーラームーンミニムービー」のコーナーへ。原作の印象的なシーンを約2分間の映像にまとめたミニムービーが上映されています。セーラームーンの魅力がギュッと凝縮されていましたゾ!

【Chapter3:セーラームーン伝説の始まり】

Chapter3のエリアには、『なかよし』のふろくや全プレのグッズなど、懐かしのアイテムがいっぱい。さらに、カラー化されたセーラームーンの第1話が公開されています。うわあああああ、もう懐かしいしかいえない……周囲からも「うわああああ、懐かしい」という声が聞こえてきました。うわあああああ、懐かしい……(泣)。

【Chapter4:セーラームーン エスカレーション 〜社会現象となったセーラームーン】

お次のコーナーは、たぶん涙するアラサー女子が続出するハズ! 

1990年代に発売されたオモチャやグッズ、ゲーム機のほか、絵コンテや設定資料などなど、500点以上が大集合。セーラームーンの博物館みたいなコーナーなのです。

あ、コレ、持ってた! とか、あ、コレ、欲しかったやつ! とか、一人でブツブツいいながら泣くこと必至。ここだけで半日かかるレベル!

そして、そして、この展覧会のためだけに制作された『ネオ・クイーン・セレニティ』と『キング・エンディミオン』の衣装も展示されています。

【Chapter5:美しきセーラームーン原画の世界】

『なかよし』連載当時のカラー原画の中から、武内直子先生が選んだ作品が展示されているコーナーです。同展のために描き下ろされた原画2点は必見です!!!

【Chapter6:時を超えるセーラームーン】

「美少女戦士セーラームーンCrystal」やミュージカルのグッズや資料が展示されているコーナーです。最近、発売されたアイテムがズラリと並んでいて、まだ手に入るなら欲しいッ! とか、まんまとホイホイされちゃって、もう。

一番のみどころは? と聞かれたら、「Chapter5」の原画コーナー! 武内直子先生描き下ろしの原画2点がとってもキレイなんですもの! じっくり見ていると一日がかりになることウケアイなので、気合いを入れて行くべしですぞ♪

■『美少女戦士セーラームーン展』 開催概要

開催場所:六本木ヒルズ展望台 東京シティービュー内スカイギャラリー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
開催期間:2016年4月16日(土)〜6月19日(日)
開催時間:10:00〜22:00(最終入館は〜21:30)
料金:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子ども(4才〜中学生)600円、シニア(65才〜)1,500円

※会期中は作品保全のため、原作者・武内直子さんのカラー原画の一部のみ、展示替えが予定されています。
【展示替え期間】
1.4月16日(土)〜 5月8日(日)
2.5月9日(月)〜 5月29日(日)
3.5月30日(月)〜 6月19日(日)

※展示期間は諸般の事情により変更されることがあります。
※掲載している情報やデータは、すべて取材時(2016年4月)のものです。
※掲載している写真はすべて同館の許可を得て撮影しています。

取材協力:美少女戦士セーラームーン展
画像=(c)Naoko Takeuchi
取材・撮影・執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る