Rustコアチームは4月14日(現地時間)、「Announcing Rust 1.8 - The Rust Programming Language Blog」において、プログラミング言語「Rust」の最新版となる「Rust 1.8」の公開を伝えた。Rust 1.8は安定版の最新バージョンとなり、今回のバージョンでは新機能が2つ追加されている。

追加された新機能は次のとおり。

・+=や-=といった演算子の機能を拡張。こうした演算子のオーバーロードが可能になっており、数値を演算するように任意の構造体に対して演算子を適用できるようになる。
・これまで内容を持たない構造体には括弧を指定することができなかったが、Rust 1.8からは中身を含まない括弧を書いておいてもエラーにならないように変更。

Rustはプログラミング言語としてのシェアはそれほど多くないと考えられている。TIOBE Programming Community IndexによればRustの人気は50位〜100位ほどとされており、主要なプログラミング言語とは言い難い状況にある。しかし、Stack Overflowで5万6000人以上を対象に実施されたアンケートではRustがもっとも愛されるプログラミング言語に挙げられており、一定層の支持層が存在していると思われる。

(後藤大地)