写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「会計王シリーズ」など業務ソフトの開発・販売を行っているソリマチは4月18日、会計ソフト「会計王」などの利用者に対して、預金・クレジット・電子マネーの取引データを自動取込・自動仕訳を図るサービスを強化したサービスパックを無償提供することを発表した。

同社ではこれまで、「会計王」「みんなの青色申告」を対象に、同梱プログラム「IB連携オプション」を通じて、ジャパンネット銀行、JCBカードや全国の信用金庫などの取引明細を専用の仕訳データとして取り込むことができる連携サービスを提供してきたが、今回の機能強化により、今まで対応していなかった金融機関969件、クレジット・電子マネー等54件などを追加し、1269件に拡大。この結果、全国の金融機関等の法人口座1172、個人口座1269に対応し、全口座の99%をカバーしているという。

対象となる製品は、「会計王」「会計王PRO」「会計王NPO法人スタイル」「会計王介護事業所スタイル」「みんなの青色申告」。なお、最新バージョンだけでなく、「会計王10シリーズ」以降の利用者すべてが対象となるという。

同社は、口座情報を登録後、取引データを簡単に照会・取得することが可能となるアカウントアグリゲーションサービス(複数の金融機関情報を集約して表示するサービス)を強化することで、インターネットバンキングの利用拡大・普及に伴いニーズが強くなっている伝票入力の削減と入力ミスの防止を具現化していくとしている。

(石原由起)