写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●変容するデータセンター
レノボは3月、米ジュ二パーネットワークスと大企業およびウェブスケールの顧客に向けた次世代のコンバージド型、ハイパーコンバージド型、ならびにハイパースケール型と呼ばれる大規模なデータセンターインフラソリューションの構築を目指すため戦略的業務提携を発表した。今回、レノボ GM, Server Business Unit Enterprise Business GroupのKamran Amini氏にジュ二パーとの提携を中心にエンタープライズ事業の戦略などについて話を伺った。

冒頭、Amini氏はITによるビジネスモデルの変化について「2015年にレガシーシステムからクラウドへの移行が顕著となり、現在はハイブリッドクラウドに移行している。理由として企業がクライアントのニーズに応えるためにアジャイルになる必要があり、データセンターの変容が生じている」と指摘した。

そのうえで、同氏は変容について2つの点に着目。「1点目は2012年頃にレガシーな環境からコンバージドな環境に変化してきたほか、2015年からSoftware-Definedに変容し、その中でもハイパーコンバージドが主なプレイヤーとなっていることだ。ハイパーコンバージドはサーバの技術、Software-Defined技術が用いられており、結果として経済的な面やOPEX(運用コスト)の面で効率的なため小規模な環境からスタートできる」と語った。

また「2点目はSDDC(Software-Defined Data Center)時代が到来している。SDDCはSDN(Software-Defined Network)があり、伝統的なインフラストラクチャとは異なり、将来のSDDCは伝統的な環境からコンバージドな環境、さらにハイパーコンバージドな環境、そしてSoftware-Definedな環境に移行していく。われわれは、それらすべてのニーズに応えることができ、目的主導型の革新を試みる顧客をサポートし、必要なアプリケーション、データセンターを提供していく」と説明した。

レノボではデータセンターの変容に対し「インフラストラクチャのあらゆるニーズに対応し、サーバ、ストレージ、コンバージド、ハイパーコンバージド、ネットワーキングなどのソリューションを提供しているほか、大規模システムを有する顧客に対しエンドツーエンドのサービスを提供している。また、顧客のニーズに応えるためインフラの統合を容易にできるようにサポートし、OPEXの削減を支援するほか、充実したカスタマーエクスペリエンスを提供している」とAmini氏は胸を張る。

そのような状況においてジュ二パーとの提携により強化する方針とし、同氏は「ジュ二パーとの提携はグローバルな規模で行い、いくつかの目的を果たすことができており、データセンターのネットワーキングニーズを満たすためにトップオブザラックからコアな所まで、すべての部分で信頼できるパートナーだ。また、エンドクライアントに提供しているポートフォリオを捕捉できるのが同社だと考えており、ハードウェアとソフトウェアの分離を可能とするスイッチを提供するほか、同社のネットワークの知識と経験を活かすとともに同社の技術をわれわれのサーバ技術と融合させ、さまざまなソリューションを提供していく」と期待を寄せた。

今後、シナジー効果を活かすためデータセンターではクラウド、ソフトウェアスタックの部分においてソリューションを提供することができ、レノボはデータセンターにサーバ、ストレージ、ネットワーキングなどのポートフォリオに加え、ワークロードの最適化を行うためのソリューションも提供していくという。

●ジュ二パーとの協業ではSoftware-Defined関連製品の提供を重要視
ジュ二パーとの協業の狙いについてAmini氏は「ジュ二パーはネットワークの部分に関してはSoftware-Defined関連のソリューションのほか、ソフトウェア管理、OSも提供できる。一方、われわれはサーバ技術の部分で提供できるものがあり、そういう意味では顧客がコンバージド、ハイパーコンバージドの時代に前進するためのサポートをしていく。ネットワークファブリックがデータセンターではバックボーンであり、提携は重要なものだ」と説明した。

また「SDNでは適切なプレイヤーを見出すことが鍵となる。これからデータセンターが進化を遂げていく状況においてSoftware-Defined関連のソリューションを提供していくことが重要視されるだろう。インフラストラクチャのオーケストレーションを行い、ネットワークからサーバまで管理し、顧客がクラウドの環境を構築するのを支援していく。クラウド、Software-Defined関連のソリューションを求めている顧客に、より価値のあるものを提供できると確信している」とデータセンターにおけるSoftware-Defined関連のソリューションが今後の鍵を握ると訴えた。

ジュ二パーと協業した理由としては、同社が先進的な技術を有し、データセンターの業界ではグローバルで高いプレゼンスを維持していることや、ネットワークインフラにおいてソフトウェアを提供しているほか、同社のOSである「JUNOS」を通じてソリューションの提供ができることはコンバージド、ハイパーコンバージドな環境において重要なものだという。

さらに、同社のSDNソリューション「Contrail」と組み合わせたコンバージド、ハイパーコンバージドの製品の提供なども検討しており、両社の強みを組み合わせたソリューションの展開も期待される。

最後に2016年のグローバルにおけるエンタープライズ事業の見通しとして「われわれは、パソコンやモバイルなども含め広範囲なオファリングを提供しており、顧客はデバイスセンシティブになっている。そのため、データセンターにおいてニーズに応えるためにエンドツーエンドのソリューションを提供するほか、ISVとの協業なども継続していく。市場では競合他社がレガシーシステムを保護しようとしているが、われわれは顧客の将来的なビジネスニーズに目を向けており、Software-Defined関連のソリューションやハイパーコンバージド、SDDCなどを揃えている。顧客が進化を遂げるために技術的なサポートを、これからも続けていく」と今後の見通しを示した。

(岩井 健太)