やってみてわかった! 意外と多い!?“女性が強み”になる仕事とは

写真拡大

女性であることが不利になる仕事もなる反面、女性ということが生かせる仕事もたくさんありますよね。男性と張り合うのではなく、女性であることを強みにしてキャリアアップしていく仕事。みなさんは、どんな仕事があると思いますか? 今回は、働く女性が思う「女性が強みになる仕事」について聞いてみました。

■細やかさや気配りが必要な仕事

・「看護師など人の世話をするような仕事は女性に向いていると思う」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「笑顔で癒したり、細かい所に気付けるのは女の仕事だと思う」(33歳/その他/その他)

・「受付事務等は、女性の柔らかな笑顔での対応が強みになる職だと思う」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「男性は大きな目で物事を見られるが、女性は逆。なので細かい作業、伝票処理などは男性では不安」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

人に対する気遣いや優しさ、細やかさが必要な仕事は女性の強みが生かせると思う人も多いようです。最近は男性看護師も増えていますが「白衣の天使」という言葉もあるように、女性看護師の優しい微笑みに癒される人も少なくはなさそう。気配りが欠かせない仕事については、女性に向いているという声が多いようです。

■女性のニーズに応える仕事

・「女性目線、女性の仕事と家庭や子育ての両立ができる仕事」(34歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「女性向け商品の開発。客室乗務員」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ターゲットユーザーが女性の場合はたくさん意見を出せるのでプレゼンが通りやすい」(30歳/その他/事務系専門職)

商品のターゲットが女性の場合は、開発も女性のほうが合っているという人は少なくなさそうです。普段からよく使うものなどは、同性だからこそ「こういう機能がほしい」というポイントがわかりそうですもんね。もちろん、男性視点でも良いものができることはあるでしょうが、共感できる部分は女性同士のほうが多そうです。

■接客やサービス業

・「女性客が多い仕事。女性にやってほしいと言う女性がとても多い」(33歳/その他販売職・サービス系)

・「女性がお客様で多いところ。化粧品関係や雑貨関係」(27歳/通信/事務系専門職)

・「接客やサービス業はやはり有利だと感じます」(32歳/商社・卸/販売職・サービス系)

色々なことを同時進行するのが得意といわれる女性には接客業やサービス業なども向いていそうですね。美容院、エステ、マッサージなど、体に触れられるものについては、男性が担当するというだけで敬遠してしまう人もいるので女性が有利だと考える人が多いのも納得ですね。

■まとめ

人とコミュニケーションを取る仕事、気配りや細やかさが生かせる仕事。女性としての強みを生かせる仕事には、こういう特徴があるようですね。みなさんも看護師さんや美容師さん、マッサージ店のスタッフなどが女性だと、気配りもしてくれそうだし、ニーズもわかってくれそうということで安心することがあるのではないでしょうか。男性には男性の、女性には女性の強みを生かして活躍できる仕事があるのは、間違いなさそうですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数406件(22〜34歳の働く女性)
※画像はイメージです