14日、中国電子商取引研究センターが発表した「2015年度中国電子商取引人材状況調査報告」によると、電子商取引企業の75%が人手不足との見方を示した。資料写真。

写真拡大

2016年4月14日、中国電子商取引研究センターが発表した「2015年度中国電子商取引人材状況調査報告」によると、電子商取引企業の75%が人手不足との見方を示した。電子商取引という分野が引き続き急速に発展していることがわかる。注目に値するのは、調査サンプルとなった企業305社のうち、人手が安定的にあり、企業運営のニーズに十分に対応できているとしたところが25%にとどまったことと、毎月人材の募集をかけているとしたところが36%に上ったことだ。揚子晩報が伝えた。

電子商取引企業の人手不足の原因は何か。調査によれば、サンプル企業の30%が「人材資源面の圧力は企業の急成長によるもの」と答え、30%が「人手不足問題は電子商取引産業の競争の激化に起因するもの」と答えた。

サンプル企業の社員の構成をみると、1990年代生まれが50%以上を占める企業が65%に上った。90年代生まれはすでに社員の中心で、徐々に勢いを拡大している。同報告によると、大学卒業以上の学歴の社員の離職の原因では、給与待遇の問題が34%、ストレス対応力の問題が32%、起業のためが19%だった。多くの企業の間で、90年代生まれは情熱と創造力を備えるが、ストレス対応力が弱いというのが一般的な見方だ。(提供/人民網日本語版・翻訳/KS・編集/武藤)