ライザップのコンビニスイーツを食べてみた!味やカロリーを最速レポート
 あのパーソナルトレーニングジムのRIZAP(ライザップ)が監修したスイーツ3商品が、コンビニに登場します。ミニストップ(4月19日〜)で先行発売される直前に入手、ひと足お先に食べてみました!

「結果にコミットするライザップ」らしく「コミットスイーツ」と名付けられたパフェ2種類とチーズケーキ。5月1日から一般発売されるそうです。さてそのお味は?

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=499860

◆「コミットチョコパフェ」

 今回のスイーツはどれも「糖質10g以下」「糖質50%カット」(※)をうたっています。監修はライザップで、製造はコンビニスイーツで有名な(株)ドンレミー。

 まずは「コミットチョコパフェ」を食べてみます。スポンジの上に、チョコムース、ホイップクリーム、チョコソースと、見てるだけで太りそうなのですがーー。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=499857

 パクリと一口食べてみると…甘さがあっさりしてる!

 もちろん「スイーツの味」ではあるのですが、だいぶ甘さ控えめな印象です。砂糖ではなく、カロリーゼロで血糖値の上がりにくい甘味料「エリスリトール」を使っているそうです(3商品とも)。

 この「エリスリトール」を調べてみると、「果実やキノコの他、ワイン・清酒・醤油・味噌などの発酵食品に含まれている糖アルコール」(三菱化学フーズHPより)で甘さは砂糖の75%。天然甘味料に分類されるそうです。

 自然界にないメチャ甘の「人工甘味料」じゃないんですね。よかった。

 掘っていくと下のほうにはスポンジがありますが、これは小麦粉に「ふすま」(小麦粒の表皮で食物繊維が豊富)を配合してあるそうです。

 成分を見ると、糖質17.1g(エリスリトールを除くと8.9g)で、カロリーは231kcal。カロリーはコンビニの鮭おにぎり(170kcal台)よりちょっと高いですが、例えばミニストップの「ベルギーチョコパフェ」(473kcal)の半分です。

 もちろん砂糖使い放題のガッツリスイーツに比べるとコクや旨味は足りないです。が、見た目的にも「ダイエット中なのにスイーツ食べたった!」という満足感は十分。人は意外と「視覚で食べているんだな」と感じます。

※ミニストップで売っていた濃厚フロマージュ(100g、ドンレミー)あたりと比較して50%オフ

◆「コミットプリンパフェ」

 次に食べたのは、「コミットプリンパフェ」。糖質13.0g(エリスリトールを除くと9.2g)で、カロリーはさらに低い190kcal。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=499861

 ちっちゃいプリン、マンゴーダイス、メロン、苺ソースと、スイーツの小宇宙のようなトッピングです。下はカスタードムースで、掘っていくと底に薄めのスポンジがありました。

 こちらも、あっさりした甘みです。「コミットチョコパフェ」より、さらにライトな印象でした。

◆「濃厚コミットチーズケーキ」

 最後に「濃厚コミットチーズケーキ」。糖質8.6g(エリスリトールを除くと5.9g)で、カロリーは194kcal。

 パッと見、バームクーヘンみたいな食感かと思ったら、開けてみると、ふにゃ〜と生っぽくてビックリ。スポンジにベイクドチーズ生地を流し込んだそうですが、チーズのレア感が高いです。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=499865

 食べてみると…うん、おいしい! スイーツというより「チーズ食べた〜」って感じがするので、朝食や昼食としてもイケそうです。

 というわけで、女子SPA!編集部内の人気は、味としては1位「チーズケーキ」、2位「チョコパフェ」、3位「プリンパフェ」でした。ただ、ダイエットストレスの発散としては、スイーツ食べたった感のあるパフェ類のほうが効くかもしれません。

 ちなみに、最近ではAKB48の峯岸みなみや森永卓郎(経済アナリスト)の肉体改造が話題になったRIZAPですが、糖質制限の食事指導もかなりガッツリやられるそう。

 ライザップの親会社「健康コーポレーション」は、もともと健康食品の通販で「豆乳クッキーダイエット」で当てた会社ですから、今後もライザップブランドの食品がいろいろ登場しそうな予感がしますね。いくら低糖質でも、ドカ食いは絶対しないように!

<TEXT/女子SPA!編集部>