だし生活、はじめました。

写真拡大

廃棄されるはずの食品が業者から横流しされているのが発覚して「食品ロス」の問題がメディアなどで取り上げられ、あらためて"飽食の時代"がクローズアップされた。現代の日本の"飽食"はカロリーオーバーにつながり、内閣府では10年前に毎月19日を「食育の日」として「食べ物を自分で選択し食事づくりができる力」などを国民が身に付けられるよう取り組んでいる。本当においしいもの、体にいいものってなんだろう? 食生活を考えるうえで役に立つ3冊をご紹介。

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

"だし"にハマれば、今日から簡単に人生を変えられる

テレビドラマ化された「終電ごはん」の原作をはじめ、食や暮らしについて執筆活動を続けているライター梅津有希子さんの著書『だし生活、はじめました。』(著・梅津有希子、1512円、祥伝社)。

「早いものでだし生活を始めて1年以上経った。今では水に漬けるだけの昆布だしを冷蔵庫に常備するようになり、かつおだしはコーヒードリッパーでとる。だし生活によって、暮らしが大きく変わった。それもいい方向に。塩分摂取量が減った。舌が敏感になった。太りにくくなった。精神的にとてもいい。などなど......。私はもう、昆布のない生活は考えられない」と梅津さん。

「素人に昆布の違いがわかるのか」「世界一簡単なおだしのとり方」「おだしベースのイタリアン」、「だしはなぜ減塩効果があるのか 」など簡単なレシピも紹介。毎日の生活がガラリと変わる、"だしの世界"の奥深さを教えてくれる。

故郷を離れていても絶対食べたくなる!奥深〜いジャパめしワールド

ひと言で"汁物"といっても味噌汁もあれば、これも汁物? と思うような不思議なものまで、地方ごとに千差万別な日本の郷土料理。『ところ変われば食変わる─地元レシピ42 ジャパめし。』(著・白央篤司、1512円、集英社)では、そんな日本の各県が誇る地元の味を「ジャパめし」と命名し、"ごはん""汁""麺"の3つのジャンルに絞って紹介する。

「島根・うずめめし」「福井・ソースかつ丼」「岐阜・鮎めし」「福島・こづゆ」「兵庫・ばち汁」「山形・どんがら汁」「大分・ごまだしうどん」「滋賀・サバそうめん」「栃木・耳うどん」などなど、今まで聞いたことのないような名前の料理が続々登場。

掲載した料理のレシピはもちろん、著者が地道に取材した各県の食の特色や思わずうなるウンチクもたっぷり。

これで簡単に痩せる?!パフォーマンスを変える最強の食事メソッド

アメリカのIT起業家・投資家で、シリコンバレー保健研究所所長のデイヴ・アスプリーさんの著書『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(著・デイヴ・アスプリー/訳・栗原百代、1728円、ダイヤモンド社)。

自身の肥満と体調不良の体験から約15年間に30万ドルを投じて世界中の食とダイエットをはじめ、脳科学から栄養学、生化学まであらゆる分野を研究。また"低炭水化物""菜食主義"などあらゆる食事法による痩せる効果、頭をよくする効果などを検証した集大成を公開している。

「朝はヨーグルトよりバターを食べる」「空腹になる食べ方、ならない食べ方」「脂肪を食べると痩せる」「炭水化物をカットするとうまく眠れなくなる」「同じものでも食べる時間で毒になる」「栄養は調理しだいで変幻自在」など今すぐに試してみたくなる驚きの"新常識"が満載だ。