『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』背景美術 ©2017 ひるね姫製作委員会

写真拡大

神山健治監督の新作映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』が2017年に公開されることがわかった。

【もっと画像を見る(2枚)】

アニメ『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズや『東のエデン』『精霊の守り人』などをこれまでに手掛けてきた神山監督。『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』は2020年の東京オリンピックを目前にした岡山が舞台の作品となり、神山監督が脚本も手掛ける。

キャラクター原案は映画『猫の恩返し』の森川聡子、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」のデザイン原案は映画『ベイマックス』に参加したコヤマシゲト、作画監督は『東のエデン』の佐々木敦子が務める。アニメーション制作はシグナル・エムディが担当。

■神山健治監督のコメント
重苦しい現実と対峙していかなければならない時代に、アニメーション映画がやるべきことは何か? 自問自答していたある日、「自分の娘に観せたい映画を作ったらどうだ」と言われふっと天真爛漫な女の子とお父さんの物語が浮かんできました。でもこれがなかなか一筋縄ではいかずどうしたら娘に観てもらえるかを考えながら奮闘する毎日でした。この物語は、あるミニマムな個人の想いに寄りそった「父と娘の物語」です。