<金秀シニア沖縄オープン 最終日◇17日◇喜瀬カントリークラブ・沖縄(6,867ヤード ・パー72)>
 国内シニアツアー開幕戦『金秀シニア沖縄オープン』最終日は悪天候により、9ホール短縮競技に。3アンダー単独首位からスタートし1つスコアを落とした飯合肇と、倉本昌弘がトータル2アンダーで並び、プレーオフへ。3ホールに及び戦いを制した飯合が7年ぶりとなるシニア通算5勝目を手にした。
 3位タイには真板潔と中根初男、5位タイには久保勝美ら選手が並んだ。
 国内シニアツアー第2戦は4月22日〜4月23日の日程で新規大会『ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント(箱根カントリー倶楽部)』が開催される。
【金秀シニア 最終順位】
1位 :飯合肇(-2)※プレーオフ勝利
2位 :倉本昌弘(-2)
3位T:真板潔(-1)
3位T:中根初男(-1)
5位T:山本昭一(E)
5位T:久保勝美(E)
5位T:白浜育男(E)
5位T:B・ルアンキット(E)
5位T:F・ミノザ(E)
5位T:川上典一(E)
<ゴルフ情報ALBA.Net>