ビジネスユースに必要な基本機能を厳選

写真拡大

スマートフォンおよびタブレットなどを扱うコヴィア(横浜市)は、SIMフリースマホ「BREEZ X5」を2016年4月下旬に発売する。

5点マルチタッチ対応5.0型HD(1280×720ドット)IPS液晶ディスプレイ、プロセッサーはクアッド(4)コア「Qualcomm MSM8909」を搭載。メモリーは1GB、内蔵ストレージは8GB、microSDカード(SDHC対応)スロットを備える。OSは「Windows 10 Mobile」をプレインストールし、ブラウザーアプリ「Microsoft Edge」やパーソナルアシスタント「Cortana」などを利用可能だ。

microSIMスロットを搭載し、W-CDMAやLTEなどのネットワークに対応するSIMフリー仕様。MVNO(仮想移動体通信事業者)各社のSIMのほか、NTTドコモのmicroUIMカードに正式対応、SPモードやmopera Uサービスが利用できる。

800万画素メイン、200万画素サブカメラ、IEEE 802.11 b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。交換可能な容量2500mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。

直販サイト「FLEAZ Direct」での価格は2万4800円(税別)。