生存率が下がる「72時間」迫る 必死の捜索はばむ余震

  • 10人前後が行方不明の熊本県南阿蘇村では18日朝、捜索が再開された
  • 二次災害の危険性をはらむ雨と余震が、必死の捜索をはばんでいる
  • 本震から2日以上が経過し、生存率が下がるとされる「72時間」が迫っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング