VRで他者の「苦痛」を体験する実験の結果

写真拡大

VRを利用して「他者の人生」を体験させるプロジェクトを紹介。亡命を求めるスーダン難民になる、異性になる、あるいは体に障害を抱えて生きる、など多岐にわたる共有経験が行われている。

仮想現実(VR)は一般に、まるで懸賞に当たったかのように楽しげに聞こえる没入型体験を約束する。しかし、あるデザイナー集団にとってのVRは、人々に楽しいひとときではなく、苦難の機会を与えるためのものだ。

「VRで他者の「苦痛」を体験する実験の結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

バルセロナの研究者やアーティストらが結成した学際的なグループBeAnotherLabは数年前から、「Machine to be Another」(他者になるためのマシン)というプロジェクトを展開している。VRと神経科学を使って、他の誰かになるという認知的錯覚「身体化(embodiment)」を起こさせるものだ。そのなかには、逆境の辛さを追体験することも含まれる。

「パフォーマー(実行者)」は、一人称視点のカメラが取りつけられたヴェストを着用する。そして、パフォーマーの視点が、自身の経験についての読み上げ音声とともに、「ユーザー(体験者)」のVRヘッドセット「Oculus Rift」にストリーミング配信される。つまり、パフォーマーの視点がユーザーに送信されるのだ。

同時に、ユーザーのさまざまな動作がパフォーマーによって模倣される。このことでユーザーたちは、自分の身体が、いま耳を傾けている物語の主であるパフォーマーの身体になったような錯覚を体験するようになる。

これまでにBeAnotherLabは、亡命を求めるスーダン難民になる、異性になる(日本語版記事)、あるいは体に障害を抱えて生きる、など多岐にわたる共有経験をつくり出してきた。

いまのところ、このプロジェクトはさまざまな大学や、美術館でのアーティスト・イン・レジデンス・プログラムで公開されているが、BeAnotherLabの共同創設者フィリップ・バートランドは、今後はニーズがより一層拡大すると見込んでいる。

「CGIは効果的な技術ですが、共感するのに機械は必要ありません」と彼は語る。「相手の顔を見て、話をすればいいのです」

最近行われたあるプロジェクトでは、車椅子のダンサーが街路を移動する困難について語った。ユーザーがヘッドセットを装着して椅子に座り、ジョイスティックを操作すると、ダンサーはそれに合わせて車椅子を動かした。ユーザーが仮想の鏡をのぞき込むと、彼女の顔が見えた。しかし、ユーザーが脚を動かしても、彼女の脚はじっとしままだった。体験全体を通じて、これが群を抜いて最も切ない瞬間だった。