木の芽が膨らみかけたころ、彼女と2人、蓼科へドライブへ出かけた。妄想ドライブデート、今日の彼女は今一番ホットなレースクイーン藤木由貴ちゃん!

■妄想ドライブデート、今回の彼女「藤木由貴」

デートの相手は藤木由貴ちゃん。

1

涼やかな目元に、ショートカットが良く似合う。


「2人きりって初めてだね♡ 今日はどこに連れていってくれるの?」

笑うとドキッとするほどあどけない彼女のプロフィールは…

藤木由貴(Yuki Fujiki)
モデル・レースクイーン
・静岡県出身
・1992年9月27日生まれ
・T160・B80・W61・H86cm

好きな食べ物は?
「焼肉、お寿司、抹茶!」

デートに行くなら、どんな場所?
「水族館や動物園とか、好きかも?」

好きなタイプは?
「温厚な人。カフェが好きだから、一緒に行ってくれると嬉しいな」

実はクリッカーと由貴ちゃんの縁は深い。

彼女は、PONOS日本レースクイーン大賞2015でclicccar賞を受賞しているのだ。デビュー間も無い彼女は清らかな雰囲気と、健康美溢れるプロポーションで僕らを魅了した。

その後、彼女は瞬く間に人気者に。今や押しも押されもせぬトップレースクイーンとなった。

由貴ちゃん。君とデートできるなんて、死ぬほど光栄です!

■今日の相棒「レヴォーグ」

由貴ちゃんを乗せてドライブデートなら、このクルマ。

スバル・レヴォーグ。今日はこの1台を相棒に、彼女を迎えに行く。

「ブルーのクルマに白い内装って、爽やかで可愛い!」

なんでこのクルマを選んだかといえば、今日の行き先が蓼科であること、そしてやっぱり僕が由貴ちゃんが大好きだからだろう。

蓼科は山間の別荘地。

木々の間をすり抜けるように山道を走る。スポーツツアラーであるレヴォーグは、単なる乗り心地の良さ以上に、ドライブの楽しさや爽快感をたっぷり感じさせてくれる。


ダイナミックさと上質さが同居するエクステリアは、信州のしっとりした風景にピタリとはまる。

そして安全性能だ。スバルならではのEyeSight(ver.3)は「走る」「止まる」だけではなく「曲がる」領域にまで進化。

「アドバンスドセイフティパッケージ」も投入されていて、ハイビームアシストやサイドビューモニターなど全方位的に安全をサポートしてくれる。

「知らない機能がたくさんあってビックリ。イマドキのクルマってすごいんだね!」

比類ないこの安全性能は、彼女にも、そして彼女をエスコートする僕にも安心を与えてくれるはずだ。

このレヴォーグとともに向かったのは、ジビエの名店、絵画の舞台になった美しい池、そして秘湯。

どんなデートになったのか、そして由貴ちゃんのますます可愛すぎる画像は、その2をお楽しみに!

(企画・撮影:ダン アオキ/文:窪木紘子)

【関連記事】

PONOS日本レースクイーン大賞clicccar賞の藤木由貴ちゃん、GT500のレースクイーンへ大抜擢!

【東京オートサロン2016】あのグランプリレースクイーンも登場!女性目線のコンパニオンファッションチェック・その3

「あのモデル」も正式発表!スバル・レヴォーグが年次改良を実施。

【妄想ドライブデート】藤木由貴と蓼科へ、レヴォーグに乗って(http://clicccar.com/2016/04/18/366159/)