春から初夏へと向かうこの時期、お肌の調子はいかがですか?寒暖の差や冬から続く空気の乾燥、皮脂分泌量の増加、強まる紫外線……など、春の環境には肌トラブルのリスク要因がいくつもあります。そんな揺らぎやすい春肌のお手入れには洗顔や保湿など、朝晩のベーシックなスキンケアが大切なのはご存知の通り。

 

普段から基本ケアはしっかりしていて大きなトラブルがないという方でも、こんなお悩みはありませんか?


●肌がゴワゴワと固くなっていて、化粧水がなかなか浸透していかない

●脂っぽいわけでもないのに、あごにニキビができやすい。

●肌のざらつきだけでなく、顔全体のくすみが気になる

 

こうしたトラブルを解決する切り札となるのが、お家でも簡単にできる「角質ケア」。

肌の最表面である角層に残ってしまった古い角質を取り除くことで、ざらつきやくすみ、毛穴の詰まりの軽減や予防をすることができます。また、不要な角質を取り去るケアをおこなうことで、美容液など後に使う化粧品の浸透もスムーズになるというメリットも! 通常の洗顔だけでは落としきれない汚れは、自分の肌に合った角質ケアで落とし、美容成分の受け入れ体制が整った柔らかな肌を目指しましょう。

 

肌が柔らかくなる角質ケア、あなたに合ったお手入れはどれ?


たとえばこんな角質ケア

●その1“たまりにくい肌キープ”にオススメ「ふき取るだけの角質ケア」

普段から洗顔後に、角質ケア機能のある“ふき取り化粧水”を投入し、コットンで肌をふき取るというデイリーケア。

 

●その2古い角質の結びつきをゆるめる美容液やクリームで「塗るだけ角質ケア」

洗顔後すぐの肌に使うブースターも兼ねた美容液や、化粧水後に使う保湿も兼ねたクリームなど、さまざまな対策アイテムが。マイルドなものが多いので、ベーシックな角質ケアとしてプラスしやすい点が◎。

 

●その3スクラブやゴマージュで「徹底角質ケア」

肌表面に残留した古い角質を物理的にはがすため、肌への負担は大きめ。頻度やケアするパーツに注意しましょう。肌が敏感なときは避けたほうがベターです。

 

ほかにもこんな角質ケア

「念入りな洗顔で余分な角質をオフ」

たとえば、日々使う洗顔料を酵素入りのピーリング系に置き換えるだけでも。酵素が古い角質や毛穴の汚れを分解して取り除いてくれます。また、Tゾーンなどのざらつきケアには、洗顔ブラシも◎。手洗顔では落としきれない毛穴の汚れまでやさしくしっかり落とせます。

 

角質ケア、ここに注意!

とはいえ、過度の角質ケアは肌を痛めてしまうこともあるため、細心の注意が必要。お手入れするときは次のポイントに気をつけて。

・コットンで拭き取るタイプやスクラブ、ゴマージュを使うときは、ゴシゴシ力を入れるのは厳禁。気持ちいいと感じる程度のタッチでケアしましょう。

・角質ケアの後は皮膚が薄くなっているので、化粧水や乳液などで十分な保湿を。

・皮膚の薄い目と口の周りは避けるようにします。

 

肌の状態は常に一定ではありません。角質ケアも、その時々のコンディションによってケアするパーツやケア法、アイテムを変えるのが賢明。頻度を決めず、気になるときだけ取り入れるという手も。自分の肌と向き合ったお手入れで、ワントーン明るく健やかな肌を目指していきましょう。