画像

写真拡大

 AdRollは4月15日、GMOメイクショップが運営するネットショップ構築サービス「MakeShop」との連携を開始した。これにより、「MakeShop」の利用者はAdRollの広告配信プラットフォームを活用したリターゲティング広告の配信が可能になる。

 AdRollは4月15日、GMOメイクショップが運営するネットショップ構築サービス「MakeShop」との連携を開始した。

 同連携により「MakeShop」を利用するショップ運営者は、同サービスのクリック課金型広告「アイポクリック」を通じて、全世界で25,000社が利用するAdRollのプラットフォームから主要ウェブサイトおよびFacebookへのリターゲティング広告の配信が可能になる。

 また、同プラットフォームで配信する際に必要な商品データは、すでに「MakeShop」に登録されている情報を用いるため、新たに画像を用意したり、商品情報を登録したりする必要はない。

MarkeZine編集部[著]