やむを得ず割れたまま使うユーザーに

写真拡大

スマートフォン(スマホ)修理およびアクセサリーを手がけるスマホバンク(静岡県浜松市)は、ガラスが割れたスマホを安全に使えるようにするフィルム「スマホの絆創膏」を2016年4月21日に発売する。

軟質PVC(ポリ塩化ビニル)素材で柔軟性のある特殊なフィルムを使用。ヒビや異物の凹凸を吸着し、本体側面まで覆うようにしっかり貼り付けることでガラスの破片がこぼれないよう封じ込める。同社の修理業としての観点から開発したといい、危険なガラスの破片から指や頬などを守り、水やホコリなどによる画面とタッチの悪化を抑え、割れたまま使うより安全に長持ちさせられるという。

気泡ができにくく指紋が付きにくい低反射"さらさらタイプ"。自分で切って貼り付けられる汎用サイズを採用し、5.7型サイズまでの様々な機種に対応する。

価格は、1枚入り980円(税別)、2枚入り1780円(同)。