写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダはこのほど、独自の水性塗装技術「アクアテック塗装」を中国江蘇省南京市にある車両生産拠点の長安マツダ汽車有限公司(CMA)に導入したことを発表した。この塗装技術を導入した工場は2012年に導入が完了した日本の宇品第1工場(広島区南区)に続いて2拠点目で、海外では初となるという。

自動車の塗装工程では従来、シンナーなどの揮発性有機化合物(VOC)を多く含む油性塗料を使用していたため、塗装工場から排出されるVOCの削減が自動車産業全体の大きな課題となっていた。VOC対策としては、水性塗料への材料置換などが一般的だが、水性塗装は水分を蒸発させるために多くのエネルギーが必要であり、CO2排出量が増加する。

マツダ独自の水性塗装システムであるアクアテック塗装は、塗料やエネルギーなどの資源効率を向上させ、トレードオフの関係にあるVOC排出量とCO2排出量の同時削減を実現している。同社では、2012年に宇品第1工場へのアクアテック塗装の導入を完了した後も、その機能と使いやすさの進化を図ってきた。

CMAへのアクアテック塗装の導入にあたっては、CMAと協働活動を行い、国内で培った技術を水平展開することで、現地での設備工事と塗料開発を必要最小限にとどめるなど効率的な導入に成功。

そして、生産を停止することなく、これまでの油性塗装との並行生産を継続しつつ、短期間でアクアテック塗装への移行を完了し「ソウルレッドプレミアムメタリック」などの高意匠カラーを含めた全カラーで、国内工場と同等の塗装品質を実現したという。

(岩井 健太)