バドミントン日本代表の朴柱奉監督が謝罪「人格教育が足りなかった」

ざっくり言うと

  • バドミントンの日本代表が18日、東南アジア遠征から羽田空港に帰国した
  • 報道陣に対応した朴柱奉監督と舛田圭太コーチは、闇カジノ問題について謝罪
  • 朴監督は「本当に残念。選手の人格教育が足りなかった」と唇を噛みしめた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング