今“ハフレ”になりたい男性急増の理由は?体験者が本音をぶっちゃけ(Photo by teksomolika/Fotolia)

写真拡大

【ハフレ・恋愛コラム/モデルプレス】セックスをするだけの友だちを指す“セフレ”や、添い寝だけする友だちを指す“ソフレ”、キスだけを交わす“キスフレ”に続くのが、抱きしめ合うだけの“ハフレ”。これらのポイントは、2人の男女の関係性があくまで友だちなこと。

【さらに写真を見る】ソフレは「一緒に寝るだけ」じゃない?体験者がぶっちゃける

しかし男性からしたら“ハフレ”は、“セフレ”や“ソフレ”“キスフレ”以上の価値があるんだとか…。

実際、この「○○フレ」には「本当にそれだけで終われるの?」「我慢できなくならない?」「どちらかが本気になってしまったら…」という声が多く寄せられています。

そこで今回は、“ハフレ”を持つ男性のぶっちゃけトークから、その真意を探ってみました。

♥ムラムラの寸止めがやみつきに


「確かに“ハフレ”の子を抱きしめると“したく”なるけど、そのムラムラを寸前でお預けにされるのが最高にドキドキして気持ちいいんだよね」(25歳/商社)

どうやら新たな快感に目覚める男性が続出している模様。ハフレに誘われたら試しにOKしてみても良いかもしれません。

♥好きな人に接近できる


「好きな人に同じように好きになってもらえる確率って、限りなく低いけど、でも“ハフレ”なら、とりあえず仲の良い友だちになれれば、だいたいOKをもらえる。これまでの勝率は80%かな」(29歳/金融)

次のステップを匂わせるセフレやソフレ、キスフレと違って受け入れてもらいやすいのもハフレの特徴です。

♥女性に好きになってもらいやすい


「今付き合ってる彼女は全然脈なしだったけど、ハフレになって一緒にいる時間が増えたら逆に彼女の方から告白してくれた」(23歳/大学院生)

たとえば大好きな女性が失恋直後なら、恋愛は難しくてもハフレからなら、ちょうどお互いの寂しさが重なってトントン拍子に進展することもあるとか。「抱きしめる」という動作に、女性が安心感を覚えやすいということも大きいようです。

♥抱きしめると安心する


「ぷにぷにした体ってやわらかくて、それだけで癒される。『女の子なんだなぁ』って温かくて、気づいたら愚痴や悩み相談までしちゃってる」(31歳/カメラマン)

自分の思いがけない行動に気づいて、そんな行動から自分の気持ちを分析するのが男性。男性にとって居心地の良さから心も体も開放している場合が多いようです。お互いに分かり合おうとした時に、気持ちを確認しやすいハグを交わすことが、円満な関係構築につながると言えそうです。

男女ともに安心感を覚えるのは、特にバッグハグ。安心すると自然と心を開いていくので、そのまま好きになっていくことも多いみたいです。

一度なってしまったら交際に発展しにくい“セフレ”“ソフレ”“キスフレ”と違って、恋愛対象になる一番近い形が“ハフレ”。

付き合うよりもまずは“ハフレ”になって「恋愛の勝率を上げたい」というのが、今ドキの男性の本音なんですね。(modelpress編集部)