15日、中国のポータルサイト・今日頭条が、シャープが発売を発表したロボット型のスマートフォン「RoBoHoN」について紹介する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年4月15日、中国のポータルサイト・今日頭条が、シャープが発売を発表したロボット型のスマートフォン「RoBoHoN」について紹介する記事を掲載した。

シャープが発売する「RoBoHoN」は、ロボット型のスマートフォンで、通話やカメラといった基本的な機能に加えて、歩いたり踊ったり、会話を楽しんだり、投影機としても使用できる。価格は19万8000円で、5月26日からの発売だが、予約はすでに始まっている。シャープは毎月5000台以上の販売を目標にしているという。

このニュースに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本の創意工夫と創造力は世界が認めるところ」
「日本の奇特な創意は永遠に理解できないが、学ぶに値する」

「中国がパクリの準備は万端だと言っています」
「大中華のパクリ版が送料込500元(約8500円)で出てくるのを待とう」
「おもちゃで電話するなんて、ちょっと幼稚な感じがしないか?」

「これを買ったら後悔すると思う」
「こんなの2日で飽きるに決まっている」
「同じ値段を出すんだったらサルを買う」

「まったく実用的ではないな」
「欠点はゲーム機能がないことだな」
「こんなに大きいものはいらないだろ」

「ぜんぜん萌えない」
「美女型のデザインだったら買うかも」
「どうせなら鉄腕アトムの形にすればよかったのに」(翻訳・編集/山中)