98%の女性が子宮に支配されている!? 「人気の子宮ケア」1位はアノ行為

写真拡大

あなたは、自分が子宮から影響を受けていると感じたことはありますか?

女性は生理の時などに身体の変化を感じることがあるので、実感している人も多いのではないでしょうか。実際に『ほけんの時間』がアンケートを行った結果、子宮が自分の心や体に影響を及ぼしていると考えている人が、なんと98%にものぼることがわかりました。

これは体調や気分だけでなく、肌の状態も左右するため、恋愛や結婚にも関係してきそうです。

そこで今回は、子宮との上手な付き合い方を、同アンケートや姉妹サイト『美レンジャー』などを参考にお伝えしたいと思います。

 

■子宮が影響を及ぼしていると思うものベスト3

同アンケートによると、“子宮が影響を及ぼしていると思うものベスト3”は、1位が「体調の良し悪し」(90.3%)、続いて2位「気分の良し悪し」(72.3%)、3位「肌の状態」(69.2%)という結果に。

確かになんとなく体が重たいと感じたり、なにもないのにイライラしてしまったりする経験ってありますよね。それも全部生理周期のせいなんだと思うと、後から納得できることも多いはず。

女性は気分に波があると言われるのも、このせいだと言われているので仕方がないのかもしれません。男性にはそのあたりもしっかり分かっていて貰いたいものですよね?

また、“肌の状態”もかなり変わると感じている人が多くいます。毎日化粧をしていると、肌の状態の変化にはすぐに気付くと思います。特に前の日に飲み会に行ったわけでもないのに、「化粧ノリが悪い……」「今日は皮脂が多い」なんて感じることもあるはずです。

それもみんな子宮のせいなのかもしれないので、自分の生理周期でどんな変化が現れるのかを知っておくことが重要です。

 

■パートナーも子宮で選んでいる!?

同アンケートでは、「恋愛や結婚のパートナーを選ぶとき、子宮(女性の本能)の影響があると思いますか?」という質問も実施。その結果、なんと54.2%の女性が「はい」と答えています。

子宮という言葉だとピンとこない人もいるかもしれませんが、“本能で”と言われると「確かに!」と思う人も多いのではないでしょうか?

パートナー選びまで影響を与えてしまう子宮のパワーってすごいですよね。

 

■取り入れたい子宮ケアNo.1は“温める”

そんな大きな力を持つ子宮。“興味のある子宮ケア”について尋ねてみると、「温める」が81.5%と断トツの第1位でした。

「女の子はお腹を冷やしちゃいけない」とはよくいいますよね? やはりそれは子宮を冷やしてはいけないという意味なのでしょうか。

他にも、食事改善・睡眠、ハーブティーや漢方など色々な方法を取り入れて、子宮のケアをしたいという人がいました。

 

■子宮ケアの方法

では、そんな子宮ケア、実際にはどのような方法があるのでしょうか?

子宮は骨盤のゆがみや冷え、ストレスなどによって圧迫されてしまうそうなので、骨盤ケアが大事になってきます。温めるという方法としては、朝一番の白湯(さゆ)がおススメです。

白湯は胃腸を温めるだけでなく、その近くにある子宮にもいい影響を及ぼしてくれるのだとか。飲み方のコツはコップ1杯を5分くらいかけてゆっくり飲むことです。

朝だからと言って、一気にごくごく飲むとあまり効果が出ない可能性もあるのでご注意を。

さらに、子宮ケアに役立つ栄養素として日頃から意識して摂りたいものが、スピルリナ、生姜、ウコン、麻の実油です。これらはすべて女性の悩みにダイレクトに効いてくれるスーパーフードです。

なかなか意識しないと普段の食事からは摂りづらものが多いですが、子宮のためにも家に揃えてみてはいかがでしょうか?

また、姉妹サイト『美レンジャー』の記事「1日3分3カ所押すだけ!“子宮温感マッサージ”で最強温活」では子宮を簡単に温める簡単なマッサージ法も紹介しているので、是非これらも実践してみてくださいね!

 

いかがでしょうか?

子宮は女性にとって本当に大切な器官です。それなのに、見える場所とは違ってあまりケアが行きとどいていない部分でもあります。

日頃から、もう少しだけ子宮のことを考えた生活をしてあげると、子宮の支配に翻弄されずに過ごせるかもしれませんよ!

(ライター 大山奏)

 

【関連記事】

※ 女子ならば知っておくべき「子宮がん」の早期発見の為の4つの心得

※ 性体験の遅早・人数・行為前のケア「子宮頸がん」リスクを高める要因3つ

※ なんと女性の12人に1人が罹患!「乳がん」予防のカンタン生活習慣4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ メイク直しが激減!ありそうでなかった「顔専用」の制汗ジェル

※ 忙しくても「すっぴん美人」!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

 

【姉妹サイト】

※ 中国4千年の歴史!働く女性のあの悩みにテキメン「中国茶」3つ

※ −5歳肌!丸ごとトマトを入れるだけで味噌汁が美肌スープに変身

 

【参考】

※ 子宮と女性の心と体アンケート - 『ほけんの時間』

※ 「子宮力」がグンと高まる!朝の飲み物に骨盤ポーズ…3つの良習慣 - 美レンジャー

※ 女性ホルモン正常化へ!専門家厳選「3大スーパーフード」で子宮ケア - 美レンジャー

 

【画像】

※ Aaron Amat / Shutterstock