痛みの種類で薬も変わる(shutterstock.com)

写真拡大

これまで数回にわたり、腰痛と薬の関連について解説してきたが、今回は「リリカ」という薬と腰痛の関係について解説する。

 リリカとは、成分名は「プレガバリン」といって、神経由来の疼痛に対して処方される薬である。前回に取り上げた「ロキソニン」*は、炎症などによる疼痛に対して効く薬で、メカニズムが異なる。

*「ロキソニンで腰痛は治らない! 治ったような錯覚が"ロキソニン依存"を招く」http://healthpress.jp/2016/03/post-2319.html
*「ロキソニンテープにも新たな副作用?〜気をつけたい"痛みを押さえ込む"ことの功罪」http://healthpress.jp/2016/04/post-2323.html

 ここで「痛み」について少し説明したい。痛みが出現する原因は、大きく分けて2種類に分けられる(もっと細分化できるが、今回は便宜上2つに分けて進める)。

 一つ目は、侵害受容性の痛み。これは主に私たちがいつもイメージする痛みといっていい。たとえば、包丁で手を切った時、タンスに足をぶつけた時、足首をひねった時、そしてぎっくり腰になった時......。

 これらのアクシデントで感じるときの痛み、それが侵害受容性の痛みである。

 もう一つは、神経由来の痛み。たとえば、手足がしびれる、ズキズキする(帯状疱疹のあとなどに感じる)などのしびれるような痛みだ。これは神経由来の痛みの特徴であり、先に述べた侵害受容性の痛みとはメカニズムが異なる。そのため、薬もそれぞれに応じたものが処方される。

 侵害受容性の痛みに対しては、ロキソニンなどの一般的にいわれている「痛み止め」を使うことが多い。一方、神経由来の痛みに対しては、今回のテーマの「リリカ」が処方される。つまり、ぎっくり腰などには、基本的にリリカは適応しない。

 では、神経由来の痛みというのは、どのように自分で予想すればいいのか。「ズキズキ」「ヒリヒリ」などの、たとえば長時間正座をした時に足がしびれる、というような痛みの場合が多い。

 腰痛でも、座骨神経痛*のような症状の場合は、神経が原因の可能性があり、その場合はこのような痛みが出現することが多い。

*「『座骨神経痛』という病名は存在しない! 痛みの原因は"お尻の奥の筋肉"が硬いから!?」http://healthpress.jp/2016/02/post-2243.html
痛みのメカニズムが違えば対処も変わる

 このように、痛みにも種類があり、それぞれメカニズムが異なり、対処法も違ってくるのは当然だ。そこで、医療機関で腰痛を診てもらう場合、自分の痛みの種類をできるだけ的確に説明することが、適切な薬の処方につながってくる。

 腰痛の痛みは全て同じものだと捉えてしまい、安易に薬を服用している場合は、もう一度、自分の症状を分析してみることが大事だ。しかも、薬には必ず副作用がある。だからこそ、気軽に薬を飲むことは、そもそもおすすめできない。

 いまやリリカは、ロキソニン同様、よく処方されるポピュラーな薬だ。だが、いくつか報告されている副作用のなかで頻度が高いのが、ふらつきやめまいだ。その他にも頭痛、便秘、睡眠障害などが明記されている。

 神経由来の痛みでないのに、その選択を誤ってリリカを飲めば、治るどころか、これらの副作用に見舞われる危険性だけが増えていくのだ。

 日本では、医療機関では安価に、市販薬だと容易に、薬を入手することが可能だ。ついつい、目の前の腰痛を何とかしたい取り除きたい一心で頼ってしまうが、腰痛に対して効く薬はほんの一握りである。

 このことを、もう一度認識して、専門家の意見を聞きつつ、運動や生活習慣の見直しなども組み合わせて、腰痛と対峙してもらいたい。


三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の医療、理学療法を学ぶ。2014年に帰国し、現在は東京都で理学療法士として医療機関に勤務。その傍ら、一般の人に対しても正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。執筆依頼は、"Contact.mikitaka@gmail.com"まで。