大好きなカレと絶賛ラブラブ満喫中! 思わず「はぁ〜幸せ」なんて羨ましすぎるセリフが飛び出してしまう方も少なくないはず……。ところが、私たち女性にとってはよくある一言が、意外にも男性の心には重くのしかかってしまうときがあるようです。

そこで今回は、イメージコンサルタントである筆者が、周りの男性陣の意見も参考に、男性に即重い女認定される“禁断フレーズ”をご紹介します。

■1:「○○くんの好きなものでイイよ」

女子なら、「分かる分かる!」「あるある」と頷くセリフですよね。その一言の裏には、“大好きなカレが好きなものだから自分も共有したい”という乙女心が潜んでいるのですが、男性からすると、よくある困ってしまう一言のようです。

「何でもいいよとほぼ同義語。主張ができない女性だと感じる」「オレの好みに合わせようとしてくれるのは嬉しいけれど、2人の好みから共通のものを探していく方がずっと楽しい」との意見が。

ベストなのは、「○○と○○、○○が気になるなぁ。この中だったらどれがいい?」と、いくつかに絞ったうえでカレに決定権を与えるような答え方。これならば、自分の好みを相手にしっかりと伝えつつも、最終決定権はカレに委ねられるので、カレのプライドの邪魔もしないで済みますよ。

■2:「今までで一番幸せ」

一見、男性への褒め言葉と思えるようなセリフですが、実はこれもNG!

「今までって、過去の男と比べているのが丸分かり」「比べられると競争心を駆り立てられて燃えるという男性もいますが、萎えるタイプも存在します」「幸せ〜だけだったら、何の問題もないし、むしろ喜んでもらえて嬉しいと思う」などと、男性の嫉妬心が浮き彫りになりました。

■3:「もう〜何見てるの!? 浮気だからね」

カレが街で他の女性を目で追いかけていた、カレ好みのタレントやモデルがTVに出た際「可愛い」と呟いていた……。そんなカレに対し、「もう〜何見てるの!? 浮気だから」と一人で勝手にプンスカ。

同じ女性として気持ちは分からなくもありませんが、男性からすれば、「だから何?」という感覚なのだそう。

「好きな女優が出ている映画を借りてきただけなのに、すぐに浮気浮気と騒ぎ立てる元カノ。息苦しくなって別れたのは言うまでもありません」「オレのことがそんなに好きなのか!と喜ぶ男はほぼ皆無。大抵が面倒だと思う」とのこと。

■4:「元カノと私、どっちが好き?」

カレがいま付き合っているのは、元カノでも何でもなく、あなた自身。頭では分かっているつもりなのに、ついつい元カノの存在を気にしてしまう……なかには、そんなちょっぴり困った女性もいますよね。

そして、彼女たちが求めるのが安心感。そのため「元カノと私、どっちが好き?」なんて、つまらないどんぐりの背比べをしたがるのです。

「元カノと答える男性はいないのでは?」「お前に決まっているだろ!と言って欲しいのが見え見え」「つまらない質問をしないで欲しい」と、男性も辛口な意見のよう。

■5:「好きって言って」

まるで漫画や恋愛映画に出てきそうな可愛らしいセリフですが、男性からはNGフレーズに!

「好きや愛しているという言葉は、そもそも強要されて発する言葉ではない」「たま〜になら許せるけれど、口癖のように言われたらウザくてたまらない……」「好きだと思ったら、自分から言うから」などと、厳しいコメントも。

愛するがゆえについつい口にしてしまいそうなセリフも、一歩間違えれば、カレの心を大きく離してしまう原因となることも。くれぐれも禁断フレーズには注意して、明るく前向きな言葉を使っていきたいですね。

【関連記事】

あなたは…あげまんorさげまん!? 7つの質問で「いい嫁度」診断