博物館から始まった、世界一シャープなLEDライトへの挑戦

写真拡大

博物館や美術館において、展示品の魅力を引き出すために欠かせない照明。アメリカでは、ある照明デザイナーの強いこだわりが、企業や国の研究機関をも巻き込み、世界一シャープなLEDを生み出した。

「博物館から始まった、世界一シャープなLEDライトへの挑戦」の写真・リンク付きの記事はこちら

スコット・ローゼンフェルドは、スミソニアン博物館とその分館、レンウィック・ギャラリーの照明デザイナーだ。彼の仕事は、芸術作品を素晴らしく見せることである。

その役割を真摯に受け止めている彼は、照明が作品や、鑑賞者の作品へのかかわり方にどのような影響を与えるかを、膨大な時間をかけて考えている。それゆえ、2年前にレンウィック・ギャラリーが全面改装で閉館したとき、彼は博物館の照明システムを徹底的に見直す絶好の機会だと喜んだ。

よい照明がないのなら、つくってもらえばいい

2013年に改装が始まる以前にも、ローゼンフェルドは、エネルギー省と共同でLEDの実験を行ったことがある。

彼は既存の設備とうまく連動し、従来のハロゲンよりも明るく輝き、さらに高い精度をもつ照明を探していた。そして何よりも、照明は作品の真の色を保たなければならない。「来館者が見ているものを、照明でぼんやりとさせるようなことはしたくないのです」と、ローゼンフェルトは言う。

ギャラリーの照明をLEDに変えるのであれば、的確な方法をとりたかった。しかし、それまで試してきたものは、どれも彼の目的にそぐわなかった。

LED-retroflit-lamps-I-have-tested-web

ローゼンフェルドがこれまでテストしてきたLEDの数々。
PHOTOGRAPH BY SCOTT ROSENFELD

LEDはとても効率的なため、ローゼンフェルドは広範囲にわたってこの照明を使おうと考えた。レンウィックのように、最大規模の現代美術工芸コレクションのひとつを照らすために962個もの照明を使うような場所では、そういった節約が効果を発揮する。

省エネ効果に加えて、LEDは耐久時間が長い(ハロゲンや白熱光などの耐久時間が4,000時間以下なのに対し、LEDはおよそ25,000時間だ)。またLEDはさまざまなビーム幅で利用できるので、より多くの照明配置を探ることもできる。

しかし、LEDも万能ではない。彼がテストした照明の多くは、時間の経過とともに明るい白色から黄みがかった白へ変わった。作品の本当の色や質感を表す立場にいるとき、それは受け入れがたいことだった。

電球のいくつかは明滅した。また、わずか数カ月で色が変化することもあり、電球の寿命に疑問をもたざるをえなかった。いちばんよい電球でさえ、ある特定の分野では不十分だった。

制御可能な照明の特性は、形、配電、動き、色、強度の5つだとローゼンフェルドは言う。最初の4つは、LEDで達成できるが、幅の狭いスポットライトでなければ、強い光を思う場所へ直接当てることはできなかった。

しかしローゼンフェルドは、既存のLEDの限界を受け入れようとはしなかった。

科学者たちに次々と質問をぶつけ、データを共有した。そのうえ、エネルギー省のパシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL)や、アメリカ国立標準技術研究所の研究者たちと、緊密に協力して仕事をするようになった。

「どうすればよいかわからなかったのですが、とにかく聞いてくれる人全員と話をしました」。彼は「求められているイノヴェイションとは、実際に新しい製品を開発することを意味するのだろう」ということを十分に理解したうえでそう話す。

照明へのこだわりが、新たな製品を生んだ

lr38-assembly-drawing_web

VNSPの分解図。LEDアレイ、クーリングファン、そして集束レンズが重ねられている。
IMAGE COURTESY OF SOLAIS

マイケル・ロイヤーはPNNLの照明エンジニアで、LEDの色ずれの原因を研究している。彼は、「変更すべき点を突き止めるのに一役買った」というローゼンフェルドのデータを、書類で立証し、分析するのを手伝った。

そして、現在はPowerSecureの傘下にある照明器具メーカーSolaisが、ローゼンフェルドのピンスポットライトへの切実な要望に応えた。「スコットはとても目が利くんです。わたしたちにいろいろと難題をもちかけてきましたよ」と、PowerSecureエンジニアリング部の副部長、ダニエル・ミラーは言った。

Solaisが解決策としてうちだしたのは、「LR38 Very Narrow Spot(VNSP)」だった。スクリューイン式の電球で、非常に小さいLEDからの光を3枚組レンズが集中させ、4等級の光線にするというものだ。幅の狭い光線は、16フィート(およそ5m)以上離れたところから、直径14インチの光の円を照らしだすことができる。

以前このスポットライトは、同じ距離から10等級の光線を出し、35インチの円形の光を放った。ローゼンフェルドは、LR38の小幅な光線と色の性能に感動し、博物館で使用するため600個を購入した。

LEDLight-web

数あるLED製品のなかで、いちばんシャープな光を発することができるというSolasisの「Very Narrow Spotlight LED」。
IMAGE COURTESY OF SOLAIS

「Very Narrow Spotlight LED」のおかげで、いままでなかったような光の配列、延長、形成、拡散の方法が可能になった。

また、プラスチックフィルターを使って何本もの光の線を描くことにより、マヤ・リン作の立体芸術作品「Folding the Chesapeake」の川の支流にハイライトを当てることができた。これは、新たなレンウィック・ギャラリーが開館される際に展示された作品のひとつだ。

SLIDE SHOW A.-Maya-Lin-1-of-2-1-1024x678

1/2マヤ・リン作、「Folding the Chesapeake」。
PHOTOGRAPH BY MICHELLE DONAHUE

A.-Maya-Lin-2-of-2-1-1024x678

2/2細い光によって、支流の1本1本がハイライトされている。
PHOTOGRAPH BY MICHELLE DONAHUE

Prev Next

ローゼンフェルドはほかの企業に、ライトの色の安定度が保証されるように要求し、なんとか6,000時間の安定を約束させた。これが、彼が妥協できるラインだった。

彼と共に働いていたPNNLの科学者、ナオミ・ミラーは、彼の頑固さは照明技術を前進させ、消費者用のもっと効率的な電球へとつながるのではないかと期待を寄せている。

「彼は極端なほど、メーカーに最高の製品をつくらせようとしました」と、彼女は言う。「楽しくもあり、いらだたしくもあるプロセスでした。でも、人々がもっと早く省エネを始められるようLEDの商品化を手伝うのは面白いです」

博物館のお墨付きライト

LEDに取り替えることにより、レンウィック・ギャラリーのエネルギー費用は75パーセント削減されると見込まれている。この効果には、ハーシュホーン博物館と彫刻の庭など、ほかのスミソニアン博物館群も注目している。「LEDはとても効率的なので、1年で採算が合うでしょう」と、ローゼンフェルドは言う。「これは確実です」

ローゼンフェルドは、現在レンウィックで使われている600個の新しいピンスポット、186個の投光照明、136個のコーブ照明、40個のフレーミング・プロジェクター・ライトの安定度と寿命を、これからもモニターし、テストしていくだろう。「わたしたちは何年も前から、LEDには素晴らしい可能性があると確信していました」と、彼は言う。

「博物館という場所は独特な環境であり、わたしたちは強いこだわりをもっています。だから、博物館にとって十分よいものであれば、誰にとってもよいものであるに違いありません」