その名は「ポキュラス」:たった49ドルのファンキーなVRヘッドセット

写真拡大

ベイエリアのマイクロコンピューター・メーカーが、3Dプリントで出力したヘッドセットとマイクロコンピューターを組み合わせてつくるVRヘッドセットを世に出した。

SLIDE SHOW 「その名は「ポキュラス」:たった49ドルのファンキーなVRヘッドセット」の写真・リンク付きの記事はこちら
02ntc_poculus-chip_holding_credit-to-richard-reininger

2/7PHOTOGRAPH COURTESY OF RICHARD-REININGER/NEXT THING CO.

03ntc_poculus-chip_cyan_credit-to-michael-bucuzzo

3/7PHOTOGRAPH COURTESY OF MICHAEL BUCUZZO/NEXT THING CO.

04ntc_poculus-chip_ari_credit-to-michael-bucuzzo

4/7PHOTOGRAPH COURTESY OF MICHAEL BUCUZZO/NEXT THING CO.

05ntc_c-h-i-p-_banana_9dollar_credit-to-richard-reininger

5/7CHIP(9ドル)|PHOTOGRAPH COURTESY OF RICHARD-REININGER/NEXT THING CO.

06ntc_5-chips_photo-credit-to-richard-reininger

6/7PHOTOGRAPH COURTESY OF RICHARD-REININGER/NEXT THING CO.

07ntc_pocketc-h-i-p-assembly_credit-to-michael-bucuzzo

7/7PHOTOGRAPH COURTESY OF MICHAEL BUCUZZO/NEXT THING CO.

Prev Next

いま最も人気のあるローエンドのVRヘッドセットといえば「Google Cardboard」で、これを使えばスマートフォンで異世界を体験できる。さらに別の選択肢として、手の平サイズのコンピューターと3Dプリントで出力したフェイスマスクを使って3Dゲームを楽しめる手頃な製品もある。こちらは、スマホさえも必要ない。

「Pockulus」(ポキュラス)は49ドルのポータブル・ゲームコンソールで、Cardboardヴュワーのように顔に装着する。心臓部となるのは「CHIP」と呼ばれる小型コンピューターで、たった9ドルで買えるハッカーフレンドリーなサーキットボードだ。Pockulusをつくったのは米オークランドに拠点を構えるハードウェアコレクティヴNext Thing Co.で、彼らはCHIPで成功を収めたのち、新たな活用方法を模索していた。とはいえ、CHIPをVR(仮想現実)コントローラーに使用しようなど、エイプリルフールのジョークだとも思われていた。

「エイプリルフールに合わせて何かをするのは、ベイエリアの企業にとってある種伝統のようなものです」と、CHIPの開発者の1人であるデイヴ・ラウチワークは言う。「そこで、こういったものを顔にくくりつけでもしたらおもしろいかと思いついて、いい方法がないか考えました。皆、この種のスタンドアローン型VRヘッドセットの開発を試みているのだから、ぼくらだってCHIPでつくれやしないかってね」

結果的に彼らは、手に入るVRヘッドセットのなかでも格安のものを生み出した。だが、(このデヴァイスには)ちょっとした落とし穴がある。自分で組み立てなければならないのだ。手元に届くパッケージに同梱されているのは“DIY版ゲームボーイ”という見た目の手持ち式デヴァイスだけ。それをVRヘッドセットにするには、そのディスプレイが顔にちゃんとフィットするよう“枠”を3Dプリント出力しなければならない。

NTC_Pocket CHIP_Front_Pencil_Rainbow Splash Screen_Credit to Michael Bucuzzo

「PocketCHIP」(49ドル)。PHOTOGRAPH COURTESY OF MICHAEL BUCUZZO/NEXT THING CO.

DIYゲームボーイ、と先述したものは正確には「PocketCHIP」と呼ばれる49ドルの製品で、Next Thingが開発した。4.3インチスクリーンのCHIPコンピューターとQWERTYキーパッドが組み合わせている。ウェブブラウザーやワープロ、音楽作成プログラムやゲームがプリインストールされており、内蔵Wi-Fi、メモリーならびにバッテリーが搭載されている。

(Pockulusの)クリエイターたちは、ゴーグル部分の3Dプリント用図面を作成し、GitHubで入手できるようにした。これらの図面は無料なので、これまでにPocketChipを購入した人なら誰でも、手元にある小型コンピューターを3Dヴューワーにすることできそうだ。ヘッドセットをプリントアウトし、PocketChipを (プラスチックのレンズとともに) 取り付ければ、スタンドアローンのVRヘッドセットの完成だ。

「バーチャルボーイ」2.0

Pockulusはいまのところ、90年代中ごろに任天堂が開発した「バーチャルボーイ」用3Dゲームのような自作3Dゲームのプレイ用に使用されている。バーチャルボーイの自作ゲームコミュニティーには、当時から何十年が経ったいまでも熱心なファンがゲームのコーディングを続けていて、それらのゲームもすべてPockulusでプレイできる。

「バーチャルボーイ用の自作ゲームは、とっかかりに過ぎません」と、CHIPチームのメンバー、リチャード・ライニンガーは言う。「Pockulusが実際に使えることを知ってもらったあと、それをきっかけにして皆が何を始めるかを知るのが、本当にエキサイティングなんです」

速くて安くて、規格外

「CHIPは完全なオープンソースで、Linuxの最新ヴァージョンをサポートしています」とラウチワーク氏は言う。「これを利用してほかにはできないことをしたいと考えているメーカーや上級者にとって、可能性は無限に広がっています」

例えば、「Amazon Echo」の“10ドルヴァージョン”をつくった人がいる。CHIPを古いTeddy Ruxpin人形に組み込み、おかしなことを言わせている人もいる。あるいはWi-Fiで操作するクールなアップサイクルスピーカーをつくって、音楽ライブラリのすべてをアップロードした人もいる。

モノのインターネットは、すでにわたしたちの身近にある。一方ではスタートアップ企業がコンピューターやセンサーを水筒やソックス、下着に組み込もうとしていて、他方、DIYメーカーの世界もある。

Pockulusはおもちゃのように見えるが、その裏に隠された開発者の思いはインターネットを現在の姿にまでした開発者の思いと共通している。デヴァイス同士をつなぐIoTの世界に入り込みたいという人たちは、夢のプロジェクトを手伝ってもらうため付近のハッカープレイスを訪れるのが賢明だろう。自分の交友関係にこういったコンピューターマニアの友人がひとりいるのは、案外いいことかもしれない。