めまいや立ちくらみなど、日常生活にも悪影響を及ぼしてしまう貧血。ほとんどの貧血は鉄分の不足が原因なので、鉄分を意識して摂取すれば貧血は解消できます。でも、もっと早く貧血を何とかしたいなら、鉄分以外にもおススメしたい栄養素があるんですよ。

貧血解消にもちろん鉄分の摂取は必要!

貧血は血液中の赤血球やヘモグロビンが不足した状態です。ヘモグロビンは鉄分から生成されるため、鉄分を摂取すれば貧血は解消します。できるだけ早く貧血を解消したいなら、体内で吸収されやすい「ヘム鉄」を摂りましょう。ヘム鉄を多く含むのは肉類や魚介類です。一方、大豆製品や乳製品、ほうれん草などに含まれる「非ヘム鉄」は吸収率は低いですが、普段の食事でコツコツと摂るようにしましょう。

鉄分の吸収率アップにはビタミンC

貧血解消におススメのヘム鉄も吸収率は15〜25%です。このように鉄分は、頑張って食べても、かなりの部分がそのまま排出されてしまうのです。そこでおススメするのが、鉄分と一緒にビタミンCを摂取すること。ビタミンCには鉄分の吸収を助ける働きがあります。ステーキや魚介類にレモンなどを絞って食べるのもおススメです。もちろん、デザートにビタミンCを多く含むフルーツを食べてもOKです。

実はタンパク質もヘモグロビンの材料だった!

ヘモグロビンは鉄分のみで作られているわけではありません。タンパク質もヘモグロビンの材料なのです。そこで、貧血をできるだけ早く解消するには、鉄分と一緒にタンパク質の多い食品を食べることをおススメします。タンパク質は肉類や大豆製品に多く含まれる栄養素。牛肉やレバーなどは、鉄分もタンパク質もバランスよく含まれていておススメです。

赤血球を作るためには葉酸が必要

葉酸は正常な赤血球を作るために欠かせない栄養素です。そのため、葉酸を摂ることも貧血の予防と解消につながります。葉酸は緑黄色野菜に多く含まれる栄養素。ほうれん草やブロッコリーなどを積極的食べましょう。また、牛レバーや豚レバーにも葉酸は多く含まれています。

貧血で悩んでいる方は、鉄分だけでなくビタミンCやタンパク質、葉酸なども積極的に摂りましょう。ずっと悩まされていた貧血から解放されるかもしれませんよ。


writer:岩田かほり