熊本地震 2つの断層で活動が活発化し余震の回数が増加か

  • 熊本市周辺で観測されたM3.5以上の地震は14日から17日までで165回となった
  • 同じ期間で比べると、地震発生回数は1995年以降の直下型地震では最多という
  • 気象庁は「2つの活断層で地震活動が活発化しているため」との見方を示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング