今季初勝利をあげた金庚泰(撮影:ALBA)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 最終日◇17日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード ・パー71)>
 男子ツアー国内開幕戦となる『東建ホームメイトカップ』最終日。トータル11アンダー首位からスタートした金庚泰(キム・キョンテ/韓国)と、キョンテとともに最終組を回り“65”を叩き出した近藤共弘が、正規の18ホールでトータル13アンダーで並び、プレーオフに突入。3ホール目に近藤がボギーとしてキョンテが競り勝ち、昨季賞金王が今季初勝利を挙げた。

 熊本出身の永野竜太郎はプレーオフに1打及ばず、単独3位フィニッシュ。4位タイには永野と同じく熊本出身の重永亜斗夢と、薗田峻輔が入った。またアマチュア唯一決勝ラウンドに進んだ亀代順哉はトータル5アンダーで6位タイにつけた。
【東建ホームメイトカップ最終順位】
1位:金庚泰(-13)※プレーオフ勝利
2位:近藤共弘(-13)
3位:永野竜太郎(-12)
4位T:重永亜斗夢(-6)
4位T:薗田峻輔(-6)
6位T:@亀代順哉(-5)
6位T:金亨成(-5)
6位T:宮本勝昌(-5)
6位T:池田勇太(-5)
6位T:J・パグンサン(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ギアNAVI】アマチュアが選ぶ“本当に飛ぶ”ドライバーランキング