台北など北部であす「防空演習」  午後1時半から屋内退避/台湾

写真拡大

(台北 17日 中央社)台北市を含む北部で18日午後1時30分から、防空演習「万安39号」が実施される。30分間にわたって全ての人に屋内での退避が求められるため注意が必要だ。

緊急時における行政機関の作業確認や国民の安全意識を高め被害を最小限に抑えるため、年に1度行われる。台北市、新北市、桃園市、基隆市、新竹県、新竹市、宜蘭県が対象。

一般道を走行する車両は停車し、屋外にいる人は警察や軍の指示に従う必要がある。また、屋内では窓を閉めて消灯することが求められ、違反者には3万〜15万台湾元(約10〜50万円)の罰金が科せられる。

高速道路上の車両や鉄道の走行、航空機の離着陸は影響を受けないが、駅や空港施設からの外出はできない。

(編集:齊藤啓介)