2007年2月のラ・フォル・ジュルネの様子(Public Domain)
 クラシックのコンサートというと入場料も高く、子どもの入場も許可されていないなどなかなかに敷居が高いもの。

 しかし、1995年にフランスのナント国際会議場(シテ・デ・コングレ)で1995年に第1回が開催され、それ以来毎年開催されている「ラ・フォル・ジュルネ」というコンサート・イベントは、そんな敷居をぐんと下げたことで知られている。

同イベントは、芸術監督であり創設者でもあるルネ・マルタン氏による「一流の演奏を気軽に楽しんでいただき、明日のクラシック音楽を支える新しい聴衆を開拓したい」「早くから『本物の音楽』に触れてほしい」というコンセプトのもとに、コンサート1回の入場料は5〜22ユーロと低めに設定され、子ども連れにも門戸を開放しているのだ。しかし、それでいて、フランスでは最大級のクラシック音楽の祭典として定着しており、参加するアーティストも世界の一流どころが出るというから凄い。

 そして、このラ・フォル・ジュルネの人気は世界中に広がり、フランス以外では2000年からポルトガルのリスボン、2002年スペインのビルバオ、2008年にブラジルのリオデジャネイロ、2010年にワルシャワ、2015年はロシアのエカテリンブルグで開催されている。

 日本でも、2005年に東京国際フォーラムで第1回が開催された。以来、毎年開催され、延べ約682万人が来場した。また、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」は、東京だけでなく、金沢(2008年〜)、新潟(2010年〜)、大津(2010年〜)、鳥栖(2011年〜)でも開催されるようになった。料金は、ルネ・マルタン芸術監督の低料金コンセプトが守られており、コンサート1回の入場料が1,500円(大人料金)〜となっている。

 そして今年もまた、5月3日〜5日、ゴールデンウィークのお休み期間中、東京有楽町の東京国際フォーラムおよび日比谷野音(日比谷公園大音楽堂)で、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2016」が開催される。

◆毎年変わるテーマ、今年は「自然と音楽」

 ラ・フォル・ジュルネのテーマは毎年変わる。フランス・ナントでの1995年の第1回開催のテーマは、モーツァルト。日本で第1回が開催された2005年のテーマは、ベートーヴェンと仲間たちであった。

 今回のテーマは「la nature ナチュール - 自然と音楽」である。プログラムはルネサンスから現代まで500年にわたる音楽史の中から、季節、風景、動物、天体、自然現象など、さまざまな切り口から選曲される。すなわち、自然と音楽のかかわりは、ルネサンスやバロック時代における鳥のさえずりなどの描写的な表現からはじまり、その後ヴィヴァルディの「四季」に代表されるように音楽的な深みを増しながら、自然は音楽家に絶えずインスピレーションを与え続けていることにフォーカスを当てるのが今回のテーマである。

◆聴きどころは?

 各々好きな音楽を聴いてもらうのがいいのであって、筆者が聴きどころを記すのは正直おこがましいのであるが、あえて記すとすれば、テーマ「la nature ナチュール - 自然と音楽」の「ど真ん中」の曲を聴くのがいいのではないかと考える。

「自然と音楽」の「ど真ん中」の一例は、四季の移ろいではないだろうか。ヴィヴァルディの「四季」は、「ど真ん中」であろう。他にも「四季」を聴ける。フランス・バロックの作曲家シャルパンティエのモテット「四季」、ロシア人チャイコフスキーのピアノ曲「四季」、グラズノフのバレエ音楽「四季」、ピアソラによる「ブエノスアイレスの四季」、グラスの「ヴァイオリン協奏曲第2番『アメリカの四季』」など、ラ・フォル・ジュルネでは「ど真ん中」の「四季」を複数チョイスできるプログラムが用意されている。

 他にも、「自然万物」(天地創造から惑星まで!)、「風景」(田園からグランド・キャニオンまで!)、「動物」(ライオンから北極圏の鳥まで!)などに関係する「自然と音楽」のプログラムがある。和太鼓から怒濤のアフリカン・ビートも聴ける。

 また、2016年に没後20年を迎える武満徹をはじめ、日本の作曲家による素晴らしい作品も取り上げられる。

◆ゴールデンウィーク期間中の東京の風物詩へ

 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭」は、ゴールデンウィーク期間中の東京の風物詩となりつつある。地方から上京し、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンを楽しむ人たちもいる。首都圏在住で、国内・海外旅行の予定をまだ立てておられない方々は、東京国際フォーラムで、クラシック音楽を楽しんでみるのは、いかがだろうか。

<文/丹羽唯一朗>