生意気なポーカーフェイス?AB型後輩との付き合い方10項目

写真拡大

第一印象はクールでソツがないAB型の後輩。

ポーカーフェイスに見えるけど…

こっちが心配になるほど“しっかり者”を崩さない、頼りになる存在である。
取扱のポイントは、ストレスを溜め込ませないようにすること、これに尽きる。

AB型の後輩とうまく付き合うコツを解説いたします。

●仕事のやり方

天才肌のAB型後輩。ムダな指示には、「結局なんだったんだよ」と腹の中で毒づきつつもポーカーフェイス。仕事の着地点を告げ、手段や方法は自分で決めさせるほうがスムーズにいく。

●フォローの仕方

フォローされた恩は忘れないAB型後輩。それがもし一癖も二癖もある先輩でも、信じ抜く傾向がある。しかし、フォローされなくても大丈夫なように、血のにじむ努力をしているというハードルの高さも持ち合わせている。

●誉め方

意外や意外? 誉められて伸びるAB型後輩。ポーカーフェイスだが、態度を見ているとわかりやすい。ストイックに頑張りすぎるところがあるので、できるだけマメに誉めてあげたほうがよい。

●信頼関係の深め方

信頼が全てのAB型後輩。一度バディを組んだら忍耐強く相手を支える。とくに尊敬する先輩に対しては義理堅い。その反動で裏切られたら二度と信頼関係は修復されない。

●チームでの役割

嫌でもチームの要になるAB型後輩。本当はひとりのほうが気楽だが、仕事なんだから仕方がないと割り切っている。どんなポジションでも器用にこなし、120%の力を発揮する。

●宴会での役割

その気になれば裏も表もこなせちゃうAB型後輩。視野が広いのでみんなが愉しめる宴会をプロデュースするのも得意。先輩としては、できるからといって頼みすぎない配慮をしたい。

●同期との関わり方

同期からも頼られているAB型後輩。信頼度はダントツで、影ボス的存在。人間観察力に長けており、自分に何を求められているのかを敏感にキャッチしつつ常に動いているのだ。

●意見・発言について

臨機応変な意見・発言をするAB型後輩。一見八方美人に映るが、本当はそうとうな頑固モノ。言うべきところと、そうでないところの見極め力が半端ないだけのことである。

●プライベート

ON/OFFがきっちりしているAB型後輩。夢中になれるものを常に持ち、モチベーションを保っている。仲良くなりたかったらプライベートを共有するのが近道。しかし気を許すといきなりルーズになったりわがままになったりと……極端なところもある。

●悩みごと

たいていの悩みは時間が解決してくれるAB型後輩。打ち明けるほうがストレスになるので、そっとしておいてほしい。口に出したときはよほど切羽詰まっているか、もう腹が決まっているときである。

AB型後輩の素顔は感性が鋭く感情の起伏が激しい。
それを隠すために、『仕事を楽しんでいるよりもたんたんとこなしている印象』になるのだとわかってくると、じわじわ愛着が湧いてくる。
それでいて心に熱さを秘めているAB型後輩のバランス感覚は、あなたにとってなくてならない戦力となるだろう。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by YangChen(TW)