16日、熊本地震で道路などが寸断され孤立状態になっていた南阿蘇村の温泉旅館、地獄温泉「清風荘」に宿泊していた20人の中国人団体客が自衛隊のヘリで救助された。写真は地震で倒壊した家屋。撮影:劉傑。

写真拡大

2016年4月16日、熊本地震で道路などが寸断され孤立状態になっていた南阿蘇村の温泉旅館、地獄温泉「清風荘」に宿泊していた20人の中国人団体客が自衛隊のヘリで救助された。人民網が伝えた。

ツアーを手配した中国の旅行会社の日本支社によると、20人のうち17人は中国からの個人旅行客で多くが高齢者。3人は日本在住の中国人で、高齢の夫婦と小学3年の女児だという。(翻訳・編集/柳川)