熊本地震、新たに南西側でも活発な活動 気象庁が警戒呼びかけ

  • 熊本県と大分県では17日も、地震活動が活発な状態が続いている
  • 気象庁は会見で、新たに南西側にも地震活動が活発な領域がみられると指摘
  • 16日から熊本県の南西部の地震が相次いでいるとして、警戒を呼びかけている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング